ノマドワーカー。美容に関する話題が中心のブログです。

さんじょーのブログ

スキンケア

【新発売】ホワイトショットシリーズRXSは購入する価値あるの?【特徴と比較】

更新日:

ポーラからサンプルが続々と届く

ここ数か月、POLAから化粧品やシャンプーのサンプルが頻繁に届いています。

ホワイトショット最新

日焼け止め、シャンプー、美白サプリ・・と続き、今回は新発売の美白ジェルクリームのサンプルも入っていました!

ホワイトショットRXS

もともとホワイトショットRXとして発売されていた美白1)文中の美白とは「メラニンの生成を抑え、しみ・そばかすを防ぐ」ことを意味します。クリームが、ひんやりジェルクリームになりリニューアル発売されました。

【2019年5月1日発売】

特徴は?

ザックリまとめると・・

  • 暑さによって引き起こされる、メラニン過剰放出の抑制。
  • POLAのオリジナル成分「トラネキサム酸RXS」を配合。

この二つが主な特徴です。

トラネキサム酸RXSって何が違うの?

トラネキサム酸は、もともと美白の定番成分ですよね。

「トラネキサム酸RXS」は従来のトラネキサム酸に植物成分をブレンドしたPOLAオリジナルの新成分だそうです。

特徴は、高温の環境下でメラニンが過剰放出される【暑さヤケ】を抑制できる点です。

暑さ焼けとは?

猛暑による気温の上昇で、肌にメラニンが過剰放出され、暑さ焼けを起す、というメカニズムです。

暑さヤケとは?

過酷な暑さで、体内時計が狂い、身体がストレスを受けると、メラニンを過剰放出してしまい、シミやくすみ(キメが乱れることによる)が目立ちやすくなるのですね。

熱中症と身体への負担

出典:厚生労働省(https://www.mhlw.go.jp/content/11200000/000360523.pdf

温度が上昇しただけで細胞のUVへの 反応が過剰になり、メラニン生成量が明らかに増えてい ることを示しています。この結果、シミやくすみを引き起 こす可能性があることがわかりました。通常の室温 (約 25度)での皮膚表面温度は30~33度程度なのに対し、 夏は暑さや日差しにより皮膚表面温度が37度以上にな ることがあります。

出典:ポーラ【暑さヤケ】

つまり、近年の

夏の異常な暑さ、猛暑は、

体力を奪われるだけではなく、シミにも大打撃!

というわけですね。

紫外線を浴びていなくても、シミができやすくなるなんて酷です~(;´д`)

実際にサンプルを使ってみた

POLA公式サイト会員全員に送られている会報誌に、ホワイトショットRXSのサンプルが同封されていました。

ひんやりしていて気持ちいい

つるっとしたジェルで、スーッと伸びます。

ホワイトショットRXS

肌を摩擦せずに、伸ばせるせる感じ。

ひんやりはしますが、メントール感はないです。

ジェルのテクスチャがつるっとしているので、ひんやり感じる程度。

香りは少しアルコールの臭いがする程度で、ほぼ無臭です。

マイルドな美白成分の組み合わせ?

全成分

↑全成分。トラネキサム酸グリチルリチン酸2K配合ですね。

どちらも美白成分の中ではマイルドなので、敏感肌向けなのかな。

価格は50gで12000円と、ホワイトショットシリーズの価格帯ですね。

暑さ焼けは気になるけど、結局のところどうなの?私の肌にとっていいわけ?どんな恩恵があるの?

ってところが消費者の一番知りたい所だと思います。

POLAオリジナル成分ということで、期待は高まりますが、

トラネキサム酸単体での美白効果はマイルドなので、どうなるのかはまだ未知数ですね。

テクスチャーがひんやりしていて気持ちいいので、夏場の保湿、美白対策にはよさそうです。

ちなみに他にも、ホワイトショットの新シリーズが続々と発売されるそうです。

【2019年5月24日発売】ホワイトショットLX、MX

ホワイトショットシリーズのローション(LX)ミルク(MX)です。

商品名

  • WSローションLX
  • WSミルクMX

こちらは、2018年に厚生労働省から認可を受けた、新美白有効成分【PCE-DP】が配合されているそうです。

美白成分が厚生労働省に認可されたのは、約10年ぶりです。

PCE-DPはざっくり説明すると、メラニンの蓄積を抑制する成分です。

メラニンの生成を抑制するルシノールとは、働きもまた違うようですね。

 

POLA=科学技術先進化粧品というイメージが強いだけあり、続々と新成分を生み出していますね。

日本ではじめて、シワへの効果が認められた「リンクルショット」の衝撃も、つい最近のこと。

リンクルショットのサンプルを期待しているのですが、なかなか送ってくれませんねー(;´∀`)

リンクルショット

※その後、リンクルショットのサンプルも届きましたー(∩´∀`)∩

とりあえず、ホワイトショットRXSのサンプルをいちはやく試すことができたのでヨシとします。

ホワイトショットシリーズの比較

ホワイトショット各シリーズの特徴を、一覧表で比較してみました。

商品名 有効成分 形状 使用感 価格 発売日
rxs トラネキサム酸、グリチルリチン酸2K ジェル サラサラ、ひんやり 12960円(50g) 2019年5月1日
sxs ルシノール、アスコルビン酸2グルコシド クリーム しっとり、弾力 12960円(20g) 2018年2月1日
cxs ルシノール、アスコルビン酸2グルコシド ローション サラサラ 16,200円(25ml) 2018年2月1日
lx PCE-DP ローション 11,880円(150ml) 2019年5月24日
mx PCE-DP ミルク 11,880円(78g) 2019年5月24日

同じホワイトショットシリーズでも、美白有効成分が違いますね。

  • トラネキサム酸系は⇒ホワイトショットRXS
  • ルシノール系は⇒ホワイトショットSXS、CXS
  • PCE-DP(デクスパンテノール W)系は⇒ホワイトショットLX&MX

先ほども書きましたが、PCE-DPは、主に表皮に働きかけて、メラニンの蓄積を防ぎます。

ルシノールやトラネキサム酸RXSは、メラニンを抑制してシミを防ぎます。

つまり、

  • RXS、CXS、SXSでメラニンの生成を抑制し、
  • さらにLX、MXのローション、ミルクで表皮に溜まるメラニンの蓄積を抑える

のが完璧なコースということですね。

成分をずらしてホワイトショットのライン使い・・リッチですね(;´∀`)私はムリ。

まとめ

私はホワイトショットSXSを、シミができやすい目のまわりや、頬骨に毎日ポンポンと塗り込んでいます。

POLAホワイトショット美白クリーム
ポーラホワイトショットSXSを購入しました【レビュー】

毎日暑い日が続き、日差しも強いですね(;´д`) 強力な紫外線を浴びて、身体もお肌もくたくたになっているのを感じます。 基本的にUV対策は通年を通してやっていますが、春夏に手を抜くと、秋以降シミが大量 ...

続きを見る

ルシノールの方が美白成分的には、アグレッシブとされていますが、トラネキサム酸進化系の成分も気になりますね。

SXSがなくなったら挑戦してみようかな、と検討中です。

脚注   [ + ]

1. 文中の美白とは「メラニンの生成を抑え、しみ・そばかすを防ぐ」ことを意味します。
  • この記事を書いた人
さんじょー

さんじょー

敏感肌でアトピー質。薄毛対策中のノマドワーカー。時短でコスパのいい美容法が大好き。

-スキンケア

Copyright© さんじょーのブログ , 2019 All Rights Reserved.