経済力も美貌も手に入れて当たり前!財色兼備を目指す「大人女史」のための次世代美容法を研究中。

さんじょーのブログ

ダイエット 視力回復

【2021年版】三条ひとみのダイエット、生活習慣

今現在の私の基本的な食生活と、生活習慣をご紹介します。

食生活

1日1.5食から2食までの小食生活を4年以上実践しています。

昔の記事にも書いたように、小食やオートファジー(食事と食事の間隔を14時間程度空ける)ことで、

不老長寿遺伝子が発動し、細胞レベルで身体やお肌が若返っていくことが医学的に証明されています。

断食
断食で成長ホルモンが20倍UP!ゼロ円美容法の効果と感想。

数か月前から、美容と健康のために断食を実行しています。 断食で若返る理由 低血糖状態になることで成長ホルモンが大量に放出させる 成長ホルモンが放出されると、細胞分裂が活発になり代謝がよくなる 不老長寿 ...

美容にいいのはもちろん、健康にも良く、生涯健康寿命を貫きたい私としては、ありがたい身体ちゃんのシステムです。

実践するにはお金はかかりませんし、食費も浮いて一石二鳥です。

私の場合、肌断食でスキンケア代も月3000円以下なので、エコ生活を維持できています笑

肌断食の感想
【宇津木流スキンケア】スキンケア化粧品を使わない美容法で肌がどうなったか:結果報告

私は約9年程前に、アトピー性皮膚炎の症状が悪化しました。 その頃から【限りなくシンプルなスキンケア】を提唱する宇津木流スキンケアという肌断食を行っていました。 宇津木流スキンケアとは? 化粧水や乳液等 ...

私の場合、無理せずに身体のコンディションに合わせてオートファジーを実践しています。

仕事などでストレスが多い日は、3食きっちりした量を食べてお腹が空きすぎないようにしています。

※オートファジーは小食で飢餓状態を作り、身体に負荷をかけることで、修復細胞を活性化させるというメカニズムです。

そのため、身体がストレスに晒されている時はしっかりと食べたほうが良いと感じています。(ストレスが強すぎるため)

ミトコンドリア若返り
アンチエイジング最大の鍵はミトコンドリアと不老長寿遺伝子

ミトコンドリアダイエットなどミトコンドリアを元気にすることが病気を防ぎ、健康で長寿に生きる秘訣ということは結構知られていると思います。 同時にアンチエイジングにも、ミトコンドリアの活性化が絶対に必要な ...

週3日位は小食、残りの4日は1日2食+間食という感じです。

お菓子も大好きなので、食べたいときに頂いています。

お菓子もララバーなど、美容によさげなものしか食べていなかった時期は、お肌がみるみる綺麗になっていったので、本気で美容状態を底上げしたい時は、また徹底しようと思いますq(´Д`)p今はムリ~

ララバー
栄養価満点で美味しい!ララバー(LARABAR)の味比べをしてみました。【美容にいいお菓子】

数年前に、エリカ・アンギャルさんの本で、ララバーを知りました。 ララバーとは? 原材料がデーツ(ナツメヤシの実)、ナッツ、各種ドライフルーツのみで作られた、添加物や保存料、着色料一切なしの身体に優しい ...

ファストフードとポテチが大好きなので、手を伸ばす回数を減らすよう努力している最中です。

ちなみにブランチは、ヤクルト一本+バナナ+おにぎりと目玉焼きが定番です。

昼は基本的に食べませんが、軽い菓子パンなどを頂くこともあります。

夜は生野菜や納豆など、身体にいいものを頂く日を週4日以上作り、あとは好きなものを頂いています。

 

昨年、耳鼻科で抗生物質を処方され、人生史上、最悪な下痢ピーに苦しんだ経験から、腸活を始めました。

色々調べた結果、

・ヨーグルト(または乳酸菌飲料)

・バナナ

・納豆

 

これさえ食べておけば腸は元気でいられることがわかりました。

バナナと納豆は毎日ではないですが、ちょくちょく頂いています。

 

オートファジー+肌断食+散歩を習慣化しています。

生活習慣改善で視力が回復しました

長年のパソコン生活から、視力が落ちまくり、0.03の強度近視になりました。

強度近視になってから、眼圧がぎりぎりの数値になり緑内障予備軍という危機にさらされています。

飛蚊症や光視症も発症し、目に対するケアは怠りません。

現在飲んでいるサプリメントは、

・ビタミンC(DHC)

・ルテイン

・クロセチン(DHC)

の3つです。

クロセチンが結構高くて、お財布に痛いのですが、少しでも目にいいケアをしてあげたいので、ここだけは奮発しています。

パソコンやスマホから発せられるブルーライトが目にかなり悪いらしいので、ルテインを摂取し、パソコンやスマホのブルーライト軽減モード(アプリを使用)をしています。

世界一の眼科外科医がやさしく教える 視力を失わないために今すぐできること

↑ブルーライトが目に悪い根拠はない!という意見もありますが、眼科医の間ではブルーライトの波長はエネルギーが非常に強く、網膜障害を引き起こすと認識されているそうです。

今の若い人が40歳くらいになる頃には、ブルーライトによる網膜障害の病気が多発すると危惧されているとか。

ちなみに私はこの深作眼科に半年に一度通っています。

待ち時間が長く、やたら手術をすすめてくる医師がいるのが難点ですが、検査が最新式でしっかりデータをとってくれるのはいいと感じました。

 

さらに外出する時は、紫外線、ブルーライト、近赤外線という目にダメージを与える波長をブロックする高機能眼鏡を装着しています。

レアグラス
ブルーライト、近赤外線、紫外線カット効果のあるサングラス(メガネ)の実際のカット率一覧と比較

目と肌を守るブルーライト、近赤外線、紫外線カットサングラス(メガネ) 近赤外線、ブルーライト、紫外線カットサングラス(サングラス)の実際のカット率と効果を比較してみました。 UVカットサングラスやブル ...

初期の白内障を発症しているので、少しでも目を守れたらいいと思います。

 

このような目の防御対策を続け、1日1時間程度の視力回復トレーニング(遠くを見つめるだけ)を続けた結果・・

1年たった今年の眼科検診では、視力が少し回復していました。

昨年の問診では、一度近視になったら元には戻らない、と言っていた眼科医が「視力は体調はその日によって変わるものですので」と言い放ちました。

対症療法しか技のない西洋医学医の言い訳でしょうか。

色々調べた結果、近視になる生活習慣を改め、遠くを見続ける時間を増やせば視力は回復すると思います。

私もまだまだ近業作業をする時間が長く、目に優しい生活には戻れていませんが、それでも視力は少し回復したのです。

今後はパソコンがっつりの仕事から卒業する予定なので、遠方を見るトレーニングと有害光線から目を保護し、自然治癒力を高めていきたいと思います。

1年後には裸眼視力1.0を目指します。

ちなみに現代人の食生活の乱れ(添加物の多い食事による代謝障害)も、目の病気に繋がっているとのことです。(深作医師の本参照)

目は血管の集まりなので、食生活が悪いと血管ももろくなり、目の病気に繋がるのですね。

甘味料はキシリトールかメープルシロップ

身体に優しい甘味料を探し続けてきた私が辿りついたのが、キシリトールです。

私はコーヒーにミルクと砂糖を入れる派なのですが、さすがに毎日砂糖を入れる気にはなれません。

かといって人工甘味料は催奇性や安全性が確保されていない(歴史が浅すぎる)ので、怖くて常用できません。

そこで、砂糖よりもカロリーが低く、人口甘味料のようなリスクがない、さらに虫歯にならない素晴らしい甘味料を見つけました。

キシリトール甘味料
虫歯を防ぐ!キシリトール(を購入しました【ダイエット中にも最適】

前からずーっと探していた歯に優しい甘味料。 アガベシロップが一番いい、という話に疑問を感じ、他にいい甘味料はないか?と探していました。 色々調べた結果、虫歯のリスクがほとんどなく、低カロリーというすご ...

キシリトールは甘さも十分ありますし、癖のない味なので本当に最高です。

甘いコーヒーを飲んだ後に万が一歯磨きをし忘れても、虫歯になるリスクゼロです。

血糖値を上げないので、血糖値が気になる方にもいいらしいです。

日本ではあまり売られていなく、アメリカが拠点の楽天のショップで買っています。

粉末状なので、アイスコーヒーの場合は、メープルシロップを入れています。

ガムシロップよりは自然でいいし、アガベシロップなど、極度に生成された果糖もやばいらしいので、メープルシロップで丁度いいです。

 

どちらもお値段がそこそこするのがネックですが、食事量が少ないので食費はそれほどかかっていません。

1日3食で不健康になって、貧乏になるよりはマシな選択だと思っています。

 

まとめ

オートファジー+甘味料を厳選するだけで、美容状態が改善されます。

あとは肌断食を実践すれば、お肌が強くなって、アレルギーや肌荒れも軽減します。

【2021年版】三条ひとみの美容法(スキンケア編)

現在も自分のお肌の状態やスキンケアを続けながら、日々よりよい美容法を模索し続けています。 ケミカル化粧品(プチプラ)⇒オーガニック化粧品⇒肌断食(タモリ流)⇒最新科学化粧品・・ という順番で年々進化し ...

美容クリニックの美容マシーンは、やらなくてもいいと思います。

私の場合、お財布に余裕のある年だけにしようかな・・と迷い中です。

美容クリニックのマシーンも肌の細胞にダメージを与えて、治癒力で回復させる・・というメカニズムなので、肌荒れしている時は避けた方がいいいと思います。

※そもそも湿疹などがある時は、施術を断られます。

 

現在の美容、生活習慣がベストかどうかはわかりません。

しかし、実年齢の割にいつも若く見られることや、全く太らず、スリム体型を維持できているポイントは、今の食生活、美容法、紫外線対策の徹底に尽きると感じます。

スリムで肌が綺麗なら、どんなお洋服を着ても絵になりますし、褒めらます。

洋服のブランドにいくらこだわっても、誰も素敵だと思ってくれません。

優越コンプレックスを満たすよりも、自分の身体とじっくり向き合い、少しづつ生活習慣を変えていく方が確実にごきげんな日々になります。

私もまだまだ食生活が乱れたり、睡眠不足になることも多々あるので、改善していきたいと思います。

ひどいアトピー肌だった私でも、ここまでこれたので、スキンケアや生活習慣を変えていけば、今、どんな状態であれ、つるつる肌&スリムボディは必ず手に入ります。

 

一緒に無理せず、身体ちゃんを大切にしていきましょうね(*´ω`*)♡

 

 

  • この記事を書いた人

三条

敏感肌でアトピー質。薄毛対策中のノマドワーカー。時短でコスパのいい美容法が大好き。

-ダイエット, 視力回復

Copyright© さんじょーのブログ , 2021 All Rights Reserved.