経済力も美貌も手に入れて当たり前!財色兼備を目指す「大人女史」のための次世代美容法を研究中。

さんじょーのブログ

アトピー克服体験 スキンケア メイクアップ

【スキンケア編】三条ひとみの美容法

私のベーシックスキンケア

私は敏感肌のアトピー質なので、刺激の強い化粧品は避けています。

アトピーの炎症
【体験談】私のアトピー発症時から完治までの克服記録記事まとめ

数年前に急性アトピー性皮膚炎にかかり、顔、身体中にひどい湿疹ができました。 アトピー性皮膚炎で苦しんでいた時の記録と回復までの過程 皮膚科の先生のアドバイスのもと、治療したおかげで今では、アトピーだっ ...

基本的にミネラルファンデーションでフルメイクとUV対策をし、帰宅後はジェル系のクレンジングオイル+石鹸洗顔でさっぱりオフしています。

クレンジング

ここ1年愛用しているのは、無印用品のマイルドジェルクレンジングです。

マイルドジェルクレンジング

それまで一本3000円前後のクレンジングしか使っていなかったのですが、節約ためにこちらにシフトしてみた所・・意外なほど良くて嬉しい発見でした。

べとべとする感触が苦手なので、さっぱりオフできるこちらのアイテムは重宝しています。

水に多少濡れても使えるのも便利。

ただし、洗浄力はほどほどなので、ウォータープルーフ下地など、密着力の強いファンデは落としきれないかもしれません。

そのため濃いメイクをした時は、別のクレンジングを使用しています。

ただし、真夏の過酷な紫外線の中のレジャー時くらいしか強いメイクはしないので、実際はあまり使ってないですね。

洗顔

洗顔は美肌の基本なので、しっかり泡立てて行います。

皮膚科医の先生も多くおすすめしている石鹸洗顔がメインです。

石けん洗顔は肌に優しいの?【専門家の口コミまとめ】

2カ月程前に、洗顔料を新しい固形石鹸に変えました。 今のところ肌荒れすることもなく、肌の調子もいいので「このまま石鹸を使い続けよう♪」と思っていた所、 「石鹸洗顔は刺激が強く、肌によくない」 という情 ...

石鹸はしっかり洗いあげられる反面、バリバリになりやすいので保湿成分や肌を保護する成分が入っているヴァーナルの石鹸をリピートしています。


ヴァーナル 洗顔石鹸

朝はセンシティブザイフのみで洗顔。

夜はクレンジングの後、アンクソープを使います。

パウダータイプのミネラルファンデーションだけでメイクをした日は、石けん洗顔のみでオフする日もあります。

ボディケア

ケアセラの敏感肌用セラミドボディウォッシュを使っています。


ケアセラ(CareCera) 泡の高保湿ボディウォッシュ ボディソープ ピュアフローラルの香り 450mL

価格が良心的でありながら、セラミド系のリッチ保湿成分が配合されている所が嬉しい。

ボディの保湿は基本的にしません。

真冬の超乾燥時期でガサガサする時のみ、顔用の化粧水か美容液を薄く伸ばしています。

保湿

保湿を怠ると、たるみ、シワ、老化の3大ダメージが起きることを実感したので、保湿対策にもこだわっています。

ただし、数年前の肌断食実験(2年間修業しました)の経験から、過剰な保湿は肌を弱らせることがわかったのでアイテムは厳選しています。

肌断食の感想
【宇津木流スキンケア】スキンケア化粧品を使わない美容法で肌がどうなったか:結果報告

私は約9年程前に、アトピー性皮膚炎の症状が悪化しました。 その頃から【限りなくシンプルなスキンケア】を提唱する宇津木流スキンケアという肌断食を行っていました。 宇津木流スキンケアとは? 化粧水や乳液等 ...

肌に厚塗りしなくても、薄くのばすだけでしっかり保湿できるセラミド系(ヒト型)美容液を使用しています。

保湿クリーム
保湿化粧品おすすめブランドまとめ【2020年版】すごい乾燥肌向け

私はすごい乾燥肌です。 毎年1月~3月頃まで、空気の乾燥による赤み、粉吹き、湿疹に悩まされてきました。 普段はミネラルファンデーションのみのメイクなので、乾燥すると肌に粉がのらない&粉吹きで悲 ...

あとは目元がどうしてもカサついて小じわが目立つ時に、刺すタイプの保湿シートを使っています。

イーチケア シート
「塗る」から「貼る」へ!each.caresheet

以前までは毎日シートマスクをしていたのですが、敏感肌のため摩擦で肌荒れしまいました。今は週に1回だけ使用しています。

美顔器のナノミスト+セラミド美容液+ヒアルロン酸の刺すパックで保湿ケアは完了です。

スペシャルリッチ美容ケア

洗顔と保湿だけで肌を健やかな状態に保つことはできますが、日々蓄積される肌ストレスで老化が促進しないようスペシャルケアも毎日しています。

シミ対策

夏だけではなく、1年中美白1)文中のシミは「メラニンの生成による、シミ·ソバカスを防ぐ」ことを指します。化粧品を使用しています。

厚生労働省認可の医薬部外品で、比較的アグレッシブな効果の成分が入っているものを使います。

敏感肌なので、塗布した時に刺激をマイルドにする基材で工夫されている腕のいいメーカーの美白化粧品をリピしています。

一番のお気に入りはPOLAのホワイトショット。


ホワイトショット SXS

毎年リピしています。

ちなみにホワイトショットシリーズは色々出てますが、それぞれ有効成分や得意なケアが違うので自分の悩みに合うタイプを選択するようにしています。

ホワイトショット最新
【新発売】ホワイトショットRXSは購入する価値あるの?【特徴と比較】

ポーラからサンプルが続々と届く ここ数か月、POLAから化粧品やシャンプーのサンプルが頻繁に届いています。 日焼け止め、シャンプー、美白サプリ・・と続き、今回は新発売の美白ジェルクリームのサンプルも入 ...

シミができやすい頬や目の周囲にポンポン塗ってから出かけます。

帰宅後は、できかけたシミの還元を狙ってビタミンC誘導体ハイドロキノン系のアイテムを使います。

ビタミンC誘導体のグレードが低いと効果を実感できないので、必ず配合成分を確認してから購入します。

口コミは信頼できる?
【要注意】美白効果の高い化粧品の口コミは嘘だらけ!?賢い選び方のコツ

この記事では、私が長年UV対策と同じ熱量を注ぎ、徹底してきた美白ケア化粧品1)文中のシミは「メラニンの生成による、シミ·ソバカスを防ぐ」ことを指します。(スキンケア)について情報をまとめてみました。 ...

今気に入っているのは手作り化粧品メーカーのビーエスコスメのパワーC美容液です。


パワーC美容液・30ml

ビタンミンC誘導体が5%も配合されていながら、㏗の調整が最適で敏感肌の私でも毎日使用できる点が嬉しいです。

ハイドロキノンは厚生労働省認可ではありませんが、美容通ならぜひともお肌に取り込みたい成分。

なかなか刺激が強いので、マイルドに仕上げているビーグレンのクリームを使用しています。


QuSomeホワイトエッセンス

スキンケア化粧品のシミ対策ケアは以上です。

ハイドロキノン以外は、朝、晩の洗顔後に使います。

基本的に水状のテクスチャーのものから先にぬります。

例:美容液⇒化粧水⇒乳液⇒クリーム

※最終的には肌の上で混ざるので、塗る順番はあまり神経質にならなくて大丈夫です。

シワ対策

数年前までは化粧品でシワ対策は不可能でしたが、昨今はシワに効果が認められたコスメがいくつか出ているので、私も恩恵を受けています。

私はレチノールにアレルギーがあって使えないので、ナイアシンなどの比較的なマイルドな成分を使用しています。

POLAのリンクルショットは(サンプル使用時に)アレルギーが出なかったので、今後使ってみたいと思っています。

ナイアシンは原末の粉を手作り化粧品メーカーから購入し、美容液や化粧水に混ぜて使っています。


マンデイムーン コスメ原料専門店

セラミドの補佐をしてくれるので、セラミド入り化粧水や美容液に混ぜるとリッチになります。

原末自体は500円程度で買えますし、腐りにくいのでたっぷり使えるところも便利です。

注意点としてナイアシンは純粋ビタミンCと併用すると効果が落ちてしまいます。

純粋ビタミンCとは、成分表にアスコルビン酸などと記載されているアグレッシブな成分です。

※純粋ビタミンCは医薬品などに使われているケースが多いですね。

同じビタミンCでも、ビタミンC誘導体の場合はナイアシンとセットで使用できます。

【ビタミンC誘導体の成分名】

・アスコルビルリン酸Na
・リン酸アスコルビル3Na
・リン酸アスコルビルMg
・アスコルビン酸グルコシド

ほとんどの市販の化粧品には、ビタミン誘導体のほうを使っているので大丈夫です。

またナイアシンには美白効果もありますね。

ナイアシンはメカニズム的にシワ予防効果が穏やかそうなのでお顔全体のケアに。

以上でスキンケアでのシワ対策は完了です。

アドバンスケア

スキンケアだけではいまいち突き抜けることができないので、年に数回だけ湘南美容外科クリニックで美肌マシーン治療を受けています。

色々なマシーンを受けましたが、今のところポラリス、フォトフェイシャルに落ち着いています。

毎年秋位から4カ月位の期間で、合計8回位美容マシーン施術を受けることが多いですね。

たった8回の通院で、お肌を底上げできるので助かっています。

ただし、美容クリニックでの施術は医療行為となりますので、必ず医師のカウンセリングを受けてから自己責任でご検討ください。

 

以上が2020年現在、わたしが愛用しているコスメです。

 

以前はオーガニックブランドにハマっていたのですが、最近は最先端科学化粧品に傾倒しています。

化粧品や美容ケアの根拠やメカニズムを調べ、把握は一応しますが結局は「論より証拠」を重視しています。

美容理論に説得力があり、徹底的にケアしていても、実際にそれを実践している人が綺麗でなければそのメソッドの価値はないと判断します。

例え皮膚科学や美容理論で間違いだという美容ケアでも、その人がその方法で実際に綺麗になれているのなら、それが(その人にとって)大正解なのだと思います。

※健康被害が出るような無茶な方法はNGですが・・。

私の場合、実際に美しく年齢を重ねている(造形美、健康美)女性を何名も観察し、その人達に共通する要素は何か?という視点から美容法を探るのも楽しいです。

 

また美しくいるためには、やはり生活習慣の改善が必要ですし、化粧品やスキンケアばかりに力を入れてもどうにもなりません。

・生活習慣(食事、運動、睡眠)

・ストレスマネジメント

この二つの土台が整ってからはじめて、美容ケアがブースターとして威力を発揮します。

毎日ほんの少しの改善が1年後、5年後、10年後の美しさを実現してくれるのだと思うとワクワクします。

ひとみーぬ
頭でっかちは美しくないし、言い訳も美しくない

とはいえ、美容化粧品についての知識や美容ケアについても随分詳しくなったので、どのアイテムをどのような時に駆使し、実践していけば効率的に綺麗になれるのか?もほぼわかっています。

知識+実感(効果)=結果(美)

このブログの情報の中のほんの一部のカケラが、私のブログを読んでくださった皆様の美しさにさらに磨きをかけるためのブースターとしてお役に立てましたら嬉しいです。

三条ひとみ

脚注

本文へ1 文中のシミは「メラニンの生成による、シミ·ソバカスを防ぐ」ことを指します。
  • この記事を書いた人
三条

三条

敏感肌でアトピー質。薄毛対策中のノマドワーカー。時短でコスパのいい美容法が大好き。

-アトピー克服体験, スキンケア, メイクアップ

Copyright© さんじょーのブログ , 2021 All Rights Reserved.