ノマドワーカー。美容に関する話題が中心のブログです。

さんじょーのブログ

スキンケア

【日本初】おでこのしわを改善できる美容液はコレ!深い溝にもおすすめ。

最近、真顔でもおでこのシワが目立つ・・

くっきり3本の皺があるから、いつも前髪で隠している

とにかく、おでこのシワを何とかしたい!

 

そう悩む方は多いと思います。

おでこのシワは顔の中でも比較的深く刻まれやすいシワであり、改善が難しい部分です。

市販の美容液には、「シワに効く!これを使えばシワが薄くなる」ような効果を臭わせているものは多いですが、実際には保湿効果でちりめんジワが目立たなくなる程度の効果でガッカリして終わることも少なくありません。

事実、数年前まではシワに有効な化粧品は国内にはありませんでした。

しかし、ご安心ください。

2017年に国内ではじめて、シワ改善効果が認められた化粧品が発売されたましたー!(∩´∀`)∩

本当にシワ改善効果のある美容液

リンクルショット
リンクルショット

話題になったので、ご存知の方は多いかと思いますが、POLAが日本初のシワに効果のある美容液(医薬部外品)を発売しました。

このリンクルショットは、厚生労働省が初めて、シワ改善効果を認めた化粧品です。

リンクルショットの認可にあたり、専門家の方々が議論している様子の資料がありました笑

小ジワ、中ジワのレベルのものは全て同じようなメカニズム。つまり、加齢による自然のシワ形成プラス光老化によるシワ形成、この二つのメカニズムが働いているので、こういう目尻のシワで試験したものも、顔という部位に限って言えば全体の効果・効能が期待できるのではなかろうかという意味合いです。

引用:厚生労働省(https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000142906.html

通常の化粧品は、ちりめんジワを消すのが限界

そもそも【化粧品でシワを消す】といった表現は、薬機法で厳しく規制されており、基本的に1)厚生労働省に認可されれば、真皮ジワ改善の表現もできる。【化粧品でシワが消える、改善される】という効果を謳うことはできませんでした。

さんじょー
でも、よく「シワ改善効果が臨床試験で実証されました!」的な広告もあるよね?

それは、シワ改善=「乾燥によるちりめんジワを、保湿で潤すことにより改善できました!」という意味です。

お風呂上りには消えているような、細かなシワは保湿効果の高い化粧品で消えますが、

真皮層にまで刻まれた深いシワ(お風呂上りでも消えない)を化粧品で改善させることは、ほぼ不可能だったわけです。

さんじょー
今まで【シワが消える】的な美容液をウン万円も出して使ってたけど、効果が感じられなかったわけだ。。

真顔でもおでこのシワが消えない人は【真皮ジワ】

保湿対策をして消えるレベルではないので、しわ改善美容液でケアしてあげるのがベストな方法です。

今までは「一度できてしまったシワはもう消せない・・」と諦めるしか選択肢がありませんでしたが、今は「シワができても消せるかも!?」という希望が残されています。

美容クリニックで、リスクのあるヒアルロン酸注射等をしなくても、美容液で毎日せっせとケアをしていけば、改善できる可能性は高いです。

ウン万円もするシワに効かない美容液よりも、1万円台でしっかりシワ改善効果のあるリンクルショットを利用した方が、コスパ的にもいいですよね(*´ω`*)

リンクルショットの使い方

リンクルショットは顔全体に使うものではなく、シワの気になる部分にだけ、スポット的にトントンと塗り込みます。

テクスチャーは、こってりしたクリーム状です。

軟膏に近いかも。伸ばすとサラサラになります。香りは無臭。

部分使いなので持ちもよく、一カ月は余裕で使える感じですね。

お悩み肌には【最先端の科学化粧品】がおすすめ

以前まではオーガニック系の化粧品を愛用していましたが、今は悩みのある部分は最新の科学技術を駆使した化粧品を選ぶようにしています。

おでこのシワ改善美容液

肌のことを徹底的に調べて改良されているので使いやすいですし、ムダな成分がなく、ピンポイントでケアできるところがいいです。

額のシワを悪化させる表情癖

ちなみに、おでこにシワができやすい人は、普段の表情癖が大きな原因になっている可能性があります。

以下の点をチェックしてみてください。

  • ものを見る時に、眉毛をあげて目を開いている。
  • 表情豊かで、よく眉毛を動かす。

つまり、眉毛の上の筋肉を使いすぎている人ですね。

この癖があると、眉毛の上の筋肉が硬くこわばり、盛り上がってきます。

そうするとその部分に、凹凸ができ、眉間のシワやおでこのシワが発生し、定着しやすくなります。

さらに、目の周囲の筋肉が衰えるため、下まぶたのたるみが発生しやすくなります。

まぶたも下がってくるため、目尻にもシワができやすくなり、全体的に疲れたオバさん顔に変化してしまいます。

改善方法

  1. 額に手を当てて、目を開く時に眉毛も同時に上がっていないか?チェックします。
  2. 上がってしまう方は、額に手をのせて、眉毛を抑えたまま、まぶたの筋肉だけを使い、目を開くエクササイズをします。

額にシワができる表情グセ

筋肉の神経信号が鈍くなっているため、はじめの内は意識しないと改善できません。

2週間も続ければ自然と目の周囲の筋肉が鍛えられ、無意識に眉毛を上げることもなくなります。

これだけでも、額のシワ予防にかなり効果的です。

できてしまったシワは、化粧品でケアし、今後できそうなシワは表情グセを直してしっかり予防しちゃいましょう!

シワ対策にありとあらゆることをしなくても、まずはこの簡単な2つの方法だけ続けてみるのがおすすめです。

リンクルショット

公式サイト⇒リンクルショット

脚注   [ + ]

1. 厚生労働省に認可されれば、真皮ジワ改善の表現もできる。
  • この記事を書いた人
さんじょー

さんじょー

敏感肌でアトピー質。薄毛対策中のノマドワーカー。時短でコスパのいい美容法が大好き。

-スキンケア

Copyright© さんじょーのブログ , 2019 All Rights Reserved.