ノマドワーカー。美容に関する話題が中心のブログです。

さんじょーのブログ

メイクアップ

ツバ広帽子が風に飛ばされて脱げてしまう際の対策と方法 キャペリン編

更新日:

日差しが強い日でも強風だと日傘は使えない

今年も日差しが強くなり、毎日チェックしているgooの紫外線量予報でも、「紫外線強い 肌へダメージが加わるまでおよそ30分」という表示になる日がでました!

いよいよ紫外線も強くなり、夏並みの対策が必要ってことですねー(´ω`)

私は今年、日焼け止めは塗らずにひと夏過ごすつもりなので、ツバ広帽子が必需品となります!

キャペリン

色々持ってますが、カジュアルな服装以外にも合う、ツバ広のキャペリン(ストローハット)はファッション的にも素敵だし、上品なので大好きです☆

でもツバ広の帽子は、風が吹くとツバが広い分あおられて、すぐに脱げてしまうという部分が扱いづらい点なんですよね。

ツバ広帽子は普通の帽子ストッパーとの相性が悪い

油断していると吹っ飛んでいってしまうので、つねにツバを抑えていなければいけない・・では疲れますよね。

よく帽子のツバ部分にクリップをとめて、固定する帽子ストッパーがありますよね。

あれはツバが普通の帽子なら大変便利なのですが、ツバ広の帽子の場合、とても使いにくいです。

以前、暇だった時に自作した帽子ストッパー

帽子クリップ

これはツバの先端につけると長さが短くなるし、どちらにせよ風にツバがあおられて、一度脱げてしまいますから。

そこで、私は

どんな強風にあおられても、決して脱げない「ツバ広帽子用の帽子ストッパー」を自作して愛用しています。

ツバ広帽子のストッパーはリボンのほうが相性がよい

帽子の内側(サイド部分)から、リボンをくっつけてアゴで結ぶのです。

 

この方法、農家の方もやっていますが、キャペリンやツバ広帽子のデザインともとても合い、上品になるので、見た目もとっても素敵であまり違和感がありません。

手芸が大の苦手な私でも3分あればできるので超簡単です♪

 ツバ広帽子が風に飛ばされないようにする方法

step
1
まず材料を準備します。内側から帽子をとめるための帽子ストッパーハサミを用意。

帽子クリップ材料

帽子ストッパーは500円~1000円程度で、手芸屋で販売されています。

step
2
帽子の内側の耳より少し前部分(被った場合)にマチで印をつけ、そこに丸く結んだゴムを糸で縫い付けます。

帽子のデザインによって、つける位置を確認してください

ツバ広帽子のストッパー自作

step
3
その輪のゴムに、帽子クリップを取り付けます。

ツバ広帽子が飛ばされない方法

step
4
これだけでも即飛ばされない帽子の完成なのですが、

アゴ紐クリップ帽子

ちょっと・・ファッション的にダサイですよね。

step
5
なので、私の場合は、黒いヒモを切って、かわりに市販の太めの黒のリボンに付け替えます。

ツバ広帽子が飛ばされない方法

お好みのリボンを2本用意し、ストッパー部分にくくりつけるだけです。

ツバ帽子ストッパーリボン

装着時は、アゴ下でリボン結びをして完成です♪

強風でもぬげないツバ広帽子

この方法だと、帽子の着脱の際も、アゴに引っかからず、リボンをさらりとほどけばいいだけなのでとてもエレガントです。

昭和の山の手ファッションがイメージです(*´ω`*)

帽子ストッパーリボンのメリット

  • どんなに強風が吹き荒れても、しっかりアゴで固定されているので安心。
  • 万が一強い圧力で引っ張られても、リボンがほどけてくれるので、安全性も高い。

まとめ

直接帽子にリボンを縫い付けるよりも、クリップにつけたほうが着脱が可能になり、必要ない時にはバッグに入れておき、風の強い時だけ装着すればいいので便利です☆

注意ポイント

リボンは太いタイプのものを使用します。長さは私の場合90cmのもの半分に切り、片方45センチにしました。

これでも問題ないですが、もう少し長いほうが蝶々結びがしやすいかもしれないです。

細いリボンだとアゴで結んだ時、ペラペラしてしまいなんか変、な感じになってしまいます。

クリップに取り付けやすいように、取り付ける側のリボンの端を結んでおくか、輪ゴムを縫い付けておくのもオススメです。

さんじょー
リボンを結ぶ際は、サイドの髪の中にリボンを通すような感じで結ぶと幼稚園児っぽくならなくていいと思います☆

サンバリア100
美容にこだわる人必見!サンバリア100の日傘がスゴすぎる

【2018年8月更新】 今年も日差しがもっとも厳しい季節になりましたね。 晴れの日のお昼すぎに外に出ると、たった5分でもチリチリと肌が焦げるような感覚、さらに全身がだるくなって、相当なダメージ受けてる ...

続きを見る

  • この記事を書いた人
さんじょー

さんじょー

敏感肌でアトピー質。薄毛対策中のノマドワーカー。時短でコスパのいい美容法が大好き。

-メイクアップ

Copyright© さんじょーのブログ , 2019 All Rights Reserved.