ノマドワーカー。美容に関する話題が中心のブログです。

さんじょーのブログ

スキンケア

敏感肌にオススメ!髪と頭皮に優しいシャンプー【厳選4商品】

更新日:

私は肌断食を始めた当初、髪の毛を石鹸で洗髪していた時期がありました。

石鹸洗髪をオススメできない理由

髪がゴワゴワで(弱アルカリ性なので当然ですね・・)石鹸カスは残るし、ブラシは通りにくいわ・・非常に不快でした。

酸性リンスで中和するという方法も知っていましたが手間がかかり、サラサラ感もシャンプーに比べて格段に落ちます。

結局シャンプーだけはやめられないという結論に至りました。

敏感肌にってシャンプーは頭皮への刺激が強すぎる

ただし、私の場合超敏感肌なので、シャンプーの洗浄力にまけて、頭皮に湿疹ができてしまうことがあります。

色々試しましたが、どうやらラウリル硫酸系が私には合わないようです。

シャンプーの洗浄成分は界面活性剤

界面活性剤は水と油、どちらにもなじむため(親水性、親油性)頭皮の油分をお湯に溶かし、洗い流すことができます。

自分に合うシャンプー選びのコツ

シャンプーの界面活性剤の種類と特徴

市販のシャンプーに使用されている界面活性剤は主に以下の3つに分類されます。

高級アルコール系

  • 市販のシャンプーで、もっともよく使われている成分
  • 親油性に優れているため、洗浄力が強く泡立ちがいい

ラウリル硫酸Na、ラウリル硫酸TEA、ラウリル硫酸アンモニウム、ラウレス硫酸Na

使いやすく、原価も安価なため多くのシャンプーで使用されています。

泡立ちがよく、洗浄力が強い分、髪と頭皮への刺激も強くなります。しっかり汚れを落としたい場合には◎。

敏感肌の方、髪と頭皮のパサツキが気になる方には刺激が強すぎる可能性もあり。

石鹸系

  • アルカリ性洗浄成分で汚れをしっかり落とせる
  • 肌に優しく、敏感肌向けシャンプーにも使用される

カリ石鹸素地、脂肪酸ナトリウム、ラウリン酸K、脂肪酸カリウム、オレイン酸K

石鹸シャンプーは頭皮に優しくアレルギーでも安心、というイメージがありますが、髪の毛がゴワつきやすいのが難点です。

アルカリ性成分でキューティクルが開いてしまうので、髪のダメージが気になる方、カラーリングの色味を保ちたい方は少し注意が必要です。

脱脂力はありますが、肌への負担は比較的マイルドなため敏感肌の方にもおすすめ。

アミノ酸系

  • 天然成分の界面活性剤で頭皮に優しい
  • 皮脂を適度にとり、乾燥やパサつきを防ぐ

ラウロイルグルタミン酸Na、ラウロイルメチルアラニンNa、ラウロイルサルコシンTEA、ココイルグルタミン酸Na、ココイルグルタミン酸TEA

アミノ酸系は洗浄力は若干弱めですが、皮膚になじみやすく、髪と頭皮に優しい点が特徴です。

高級アルコール系や石鹸系の強い脱脂力で頭皮と髪が乾燥してしまう方にもおすすめ。

カラーリング後の色落ちを防ぎたい場合にも◎

美容室のサロン専用シャンプーや育毛シャンプー等、比較的高級な製品に使われていることが多いです。

自分に合うシャンプーを見つける

もし、髪がパサパサしたり、頭皮に湿疹ができてしまう人はシャンプーの界面活性剤の刺激が強すぎて合わないのかもしれません。

私はスキンケアにはあまりお金をかけませんが、シャンプーだけは自分の肌質、髪質に合うものをコスパ度外視で選んでいます。

今回は私が今まで使用していたシャンプーの中でも特によかったものを厳選し、ご紹介させて頂きます。

私のシャンプー選びの基準【敏感肌】

  • 髪と頭皮に優しい成分であること
  • しっかり落ちる
  • 泡立ちがいい
  • 香りがいい
  • 髪がサラサラになる
  • パサつかない

以上の6点です。お値段は1000円~4000円台のものが多くなります。

ナプラ ケアテクト HB カラーシャンプー

  • ヘマチンが配合されている
  • ノンリシコン

このシャンプーの何がいいかというとヘマチンが配合されていることです。

敏感肌向けシャンプーナプラ

ヘマチンが美髪にいい理由

  • ヘアカラー施術による残留アルカリを抑制する
  • 髪内部のケラチンと結合し、しっかりと髪を補修
  • 活性酸素を除去し白髪予防にもなる

ちなみにヘマチンは比較的高原価の成分で、多くはリッチ系のシャンプーに配合されている成分です。

パッケージだけでなく、髪の補修力にもこだわりたい方向け。

お値段も成分良好の割には高すぎず、お得感があります。

ジョンマスターオーガニック イブニングプリムローズ シャンプー

  • 天然由来の界面活性剤を使用
  • 合成着色料、防腐剤不使用
  • ノンシリコン
  • 天然の植物の香りでとても癒される

オーガニックシャンプーの中でも人気のシャンプー。

有機、植物性にこだわりぬいていて安心できます。

ただし、植物性シャンプー特有の泡立ちの悪さは少し覚悟が必要。(他の植物性シャンプーに比べたらかなりいいほうですが)

天然ハーブの香りが華やかです。

うるおってシャンプー(uruotte)

敏感肌向けシャンプーうるおって
ナチュラル&シンプルヘアケア uruotte(うるおって)

  • ふけ・かゆみ防止成分配合
  • アレルギーの季節や敏感肌におすすめ
  • 天然無添加のアミノ酸配合
  • ホホバオイル成分が配合されているので洗い上がりしっとり

敏感肌、乾燥肌の方に特におすすめ。

ふけ、かゆみ防止成分が配合されているので、アレルギーや頭皮の湿疹に強い刺激を与えず優しく洗い上げることができます。

ホホバオイルが配合されているので、リンス等を使わなくても、毛先までしっとりするのがお気に入りです。

私は髪と頭皮のためにちょっと奮発してあげたい時に購入しています。

【比較的安く購入できる】低刺激性で成分良好のおすすめシャンプー

上のおすすめシャンプー、人によっては、高っ( ̄д ̄;)と引かれる方もいらっしゃるかもしれません。

特に男性は「シャンプーは500円以内が当然!( ・`д・´)」という認識の方も多いのでは?

1か月~数か月に1本は使用しますので、もっとお安く、でも成分は普通のものよりもいいものを~という方におすすめなのが↓のシャンプーです。

Pure NATURAL(ピュアナチュラル) シャンプー

  • 合成香料・着色料・紫外線吸収剤・鉱物油不使用

髪と頭皮に比較的優しいシャンプーです。泡立ちが非常によく快適に洗髪できます。ノンシリコン。

ロフトなどでも販売されています。サラサラタイプとしっとりタイプがあります。おすすめはサラサラタイプ。

お値段の割にはこだわりが感じられて良心的なシャンプー。

まとめ

髪と頭皮への刺激は敏感肌にとって一番重要な点なのでかなり吟味しています。

髪が細い人や抜け毛が多い人は、頭皮が弱り、炎症を起こしている可能性もありますので、シャンプー選びを見直してみるのもオススメです。

 

私は以前までは香りとお値段、くし通りだけを重視してシャンプーを選んでいました。

しかし常に頭皮に湿疹ができていて、美容師さんにも「シャンプーが合わないんじゃない?」と言われ、自分に合うシャンプー選びをはじめました。

髪がサラサラになるのと、頭皮が健やかなのはイコールでないことも多いのですね。

髪がサラサラになり、頭皮も健やかであることが美しく、丈夫な髪を育てるために重要です。

今では頭皮に湿疹はできず、ブラッシングをしなくても比較的サラサラの状態を保てています(*´ω`*)←ブラッシングしろ。

 

ポイント

シャンプーは使用されている界面活性剤や独自処方により、使い心地がかなり違うことが多いので、いいものを試してみる価値はあると思います。

 

スポンサーリンク




おすすめ記事

1

【2018年7月更新】 そろそろ本格的に紫外線が強くなる季節!普段から紫外線対策にはかなりこだわっています。 そこで今回は、私の紫外線対策マストアイテムベスト8を発表させて頂きます!(・ω・)ノ これ ...

紫外線と近赤外線 2

紫外線よりも怖い近赤外線 私は3年前位に、紫外線よりも波長が短く、大量に降り注いでいる「近赤外線」の存在を知りました。 近赤外線とは? 0.72~2.5マイクロメートルの波長の短い赤外線 太陽光の内、 ...

窓用UVカットフィルム透明 3

5月~10月の紫外線量は多い。部屋の中でも油断できない 今年もいよいよ紫外線対策に油断できない季節となりますね。 毎年5月~10月位までお肌を光老化から守るため、完全防備で紫外線に挑んでいるのですが、 ...

ツバ帽子ストッパーリボン 4

日差しが強い日でも強風だと日傘は使えない 今年も日差しが強くなり、毎日チェックしているgooの紫外線量予報でも、「紫外線強い 肌へダメージが加わるまでおよそ30分」という表示になる日がでました! いよ ...

-スキンケア

Copyright© さんじょーのブログ , 2018 All Rights Reserved.