ノマドワーカー。美容に関する話題が中心のブログです。

さんじょーのブログ

オピニオン、情報

ストレスフルな大人にオススメ!超癒される!オススメ特大サイズのぬいぐるみ(150センチ以上)

更新日:

ペットには癒し効果だけを求めることはできない

ペットを飼うと癒し効果があると言われていますが、忙しい日々を送る人にとって、ペットの世話がちゃんとできずに、途中で投げ出してしまう人も少なくないといいます。

 

命あるものは、かわいいだけでなく、最後までキチンと世話をしてあげないければいけませんよね。

 

ペットに触れてほっとする感覚、安らげる感覚は、ふわふわした毛並みの触覚だけでなく、自分を受け入れてくれる存在として人間側が彼らに愛着を持っているからです。

その時、ペットは移行対象としての役割を持ちます。

移行対象とは?

精神分析医のウィニコットが提唱した概念で、心の慰め所、安全地帯を保つための愛着対象を指すそうです。(昔心理学の授業で習いました)

タオルや枕など特定の感触だけを求めるものは、二次的移行対象といい、ぬいぐるみなど、感覚+人格的要素も求めるものを三次的移行対象と呼ばれます。

ぬいぐるみは心の要塞であり、休息所

ぬいぐるみは、子供が社会という外の世界と接点を持つために、一時的な避難場所として使われることが多いといいます。

ぬいぐるみ癒し

外の世界に踏み込んで、傷ついたらいつでも戻ってきて自分を癒してくれる人、場所、として母親の代行のような役割を持つそうです。

成長するに従い、外の世界が怖くなくなると、子供はいつも握りしめていた、安全な場所であるぬいぐるみを手放すようになります。

つまり、ぬいぐるみは、外の世界へ移行する前の段階で、いつでも戻ってこれる心の避難所なのです。

なぜ一時的な心の避難所が大人に必要なのか?

人は安心できる場所、非難されずに受け入れて貰える場所、があるからこそ、外で活動的に、安心して動くことができるのです。

アルコールやタバコ、お菓子、ゲームは一時的に気持ちを紛らわせ、幸せな感覚を感じさせてくれるのでしょうが、依存的になりやすく、結果的に身体へダメージを与えることに繋がりやすいのが難点です。

すべては癒されたいがためにすること、嫌なことを忘れてストレスを解消したいためにすること、です。

ぬいぐるみはストレス社会で生きる大人にこそ必要な究極の癒しアイテム

鬱病や胃腸炎、アトピーなどは、極度のストレスと緊張状態が長期にわたり、緩和されないことで悪化します。

仕事で緊張し、交感神経が高まり続けて、なかなか寝付けない、という不眠症も心身のバランスを壊しかけている危険信号です。

外で疲れて、その疲れが家に帰ってもなかなか抜けない・・そんな人は癒し効果抜群のぬいぐるみ、で一時的に退行し、癒され、元気を充電するのもいいのではないでしょうか。

移行対象としては、母のように、友達のように、自分を無条件で受け入れてくれる存在として、現代のストレス社会で毎日戦う大人達を癒してくれるでしょう。

オススメの超特大ぬいぐるみ(サイズ150センチ以上)

このサイズになると、ほぼ人一人分位の存在感があります。

その分、抱き着いたり、寄りかかってクッション代わりにしたり、と全身でふわふわ、もこもこ、癒しを体感することができます。

  • 抱き枕としても最適な巨大くまのぬいぐるみ
  • 写真を見てもわかる通り、かなり大きいので存在感抜群
  • 上質なPP綿とディティールまで丁寧に作られている
  • 癖のないデザインで、キャラクターものではないので誰かと被ることが少ない

こちらのクマシリーズは、サイズ展開が130cm/160cm/200cmあります。200センチの存在感がハンパじゃない(;´∀`)

HYAKURIぬいぐるみ 特大 虎/タイガー

  • 作りが結構リアルで、頼もしい印象
  • 魔除け効果がありそう(ただのイメージ)
  • 男性用の癒しぬいぐるみとしても相性がよい

めずらしいトラの巨大ぬいぐるみ。

もう少し小さめ!140センチ以下の特大ぬいぐるみ

丁度よい大きさで場所もさほど取らないため部屋が狭くても置きやすい所が魅力。

テディベア ぬいぐるみ くま

  • 座った時の座高が成人女性と同じ位になるので親しみやすい
  • 程よい大きさで場所もとらず、ベッドサイドにも置ける
  • 枕やクッション代わりとしても愛用できる
  • 抱きしめて、フワフワ感を体感するのにちょうどよい大きさ
  • カラー展開が12色あり、好みの色を選べる

カラー展開豊富で、お値段もお手頃なので、プレゼントにもいいかもしれませんね。ただ、カラーによって表情が異なるものもあるので注意です。

人気キャラクターシリーズの特大ぬいぐるみもおすすめ

他にもリラックマやスヌーピーなど有名人気キャラクターでも特大ぬいぐるみは出ていますね。

(中でもリラックマの伸縮性には脱帽です(;´Д`)あそこまで伸ばすか)

特定のキャラに愛着がある場合はキャラものでもいいですし、家族のように自分で名前をつけたい、人と被らないものがいい、という方はノーブランドの特大ぬいぐるみがオススメです。

まとめ

ぬいぐるみで、ほっと癒されることは、身体へのダメージはなく、経済的な負担もありません。

ストレス社会で戦う大人こそ、無条件で自分を受け入れてくれる、性別や年齢を超えた存在、一時的な移行対象としての、ぬいぐるみが心強い味方になってくれるのではないでしょうか。

癒しアイテムとして音楽もおすすめです↓

大橋トリオ
癒されるオススメ曲ベスト1!大橋トリオ(植物男子ベランダーの挿入歌)

目次1 都会の癒しソング  大橋トリオ2 大橋トリオの曲の特徴2.1 心地よさのポイント3 歌詞がオシャレすぎる4 どこか哀愁を感じさせる歌詞5 「植物男子ベランダー」の挿入歌として聞くとより癒される ...

続きを見る

  • この記事を書いた人
さんじょー

さんじょー

敏感肌でアトピー質。薄毛対策中のノマドワーカー。時短でコスパのいい美容法が大好き。

-オピニオン、情報

Copyright© さんじょーのブログ , 2019 All Rights Reserved.