ノマドワーカー。美容に関する話題が中心のブログです。

さんじょーのブログ

エイジングケア 紫外線(UV)対策

暑くない紫外線対策!熱中症を予防しながらUVカットをする方法【涼しい!快適!】

更新日:

熱中症は命を左右する危険な症状

今年の夏は猛暑で、7月から気温が上昇し、各地で熱中症で搬送される方が続出していますね。

私も先日、部屋の中でクーラーも扇風機も一切つけずに作業をしていたら、めまいと吐き気をもよおし、熱中症の初期初期症状になりかけました。

室内では、冷房や扇風機、カーテンの使用等で体感温度の上昇を防ぐことができます。

しかし外出先(特に日中)では、外気の温度を自分で調節することはできず、熱中症のリスクが常につきまといます。

UV対策にこだわる人は熱中症リスクが高い

特にUV対策に熱心な方は、日焼けをしないように真夏でも長袖の服を着用したり、UVカット加工のフェイスマスクを着用することもあり、体感温度が上昇しがちです。

春先位まではそれでも問題ありませんが、真夏は熱中症のリスクが高まるので注意が必要です。

熱中症予防をしながら、紫外線対策も完璧に行う方法

今回は、焼けないようにUVカットを完璧にしつつ、熱中症対策もしっかりできる日焼け対策のアイデアをシェアさせて頂きたいと思います☆

  • 帽子ではなく、サンバイザーを着用する
  • 完全遮光の日傘を差す
サンバリア100
美容にこだわる人必見!サンバリア100の日傘がスゴすぎる

【2018年8月更新】 今年も日差しがもっとも厳しい季節になりましたね。 晴れの日のお昼すぎに外に出ると、たった5分でもチリチリと肌が焦げるような感覚、さらに全身がだるくなって、相当なダメージ受けてる ...

頭は熱がたまりやすい部分ですし、通気性が悪いと熱中症のリスクも高まります。

半透明フィルムタイプのツバ広サンバイザーと高機能日傘を組み合わせれば、頭頂部はむき出しで大丈夫です。

熱中症対策UV

日傘で頭部への紫外線は完全にカットされていますので、頭をすっぽり覆う必要はありません。

横からの紫外線を防ぐために、ツバ広サンバイザーが活躍します。

  • デコルテが開きすぎていない服を着用する
  • 日焼け止めを塗る
  • 冷感素材の首まきを着用する

寒い時期にマフラーで首元を温めると冷えが和らぐように、首元は大きな血管が通り、熱を持ちやすい場所です。

UVネックカバーは便利ですが、真夏に着用すると体感温度が一気に上昇し、熱中症のリスクが高まります。

首元の皮膚は顔よりも厚いですし、長時間、毎日日中にいる場合を除き、布で覆う必要はないと感じます。

今は、お肌にとって有害な光線を頼もしくカットしてくれるUVクリームも多種類出ていますので、コスメを利用してお肌を守りましょう。

どうしても暑い時は、冷感素材のアイテムを利用するのもありですね。

  • UVカットマスクは通気性の良いものを使用する
  • 特に注意が必要な日はSPF値の高い日焼け止めを塗る
  • 高機能サングラスで目の周囲を完全に防御する

一番日焼けしてくない場所=顔ですよね。

そのため、UV対策に熱心な方は、真夏でもUV対策にマスクを着用している方も少なくありません。

このサイトでも顔用のUV対策グッズをいくつもご紹介しています。

ただし、真夏の炎天下の下では顔が蒸れて熱がこもり、呼吸もしづらくなり危険です。

しかし強烈な真夏の紫外線の下では、UVカットマスクが頼もしい存在であることも事実。

普段のマスクをお休みさせて、通気性のよい真夏用UVカットマスクに切り替えましょう。

こちらは鼻の下が空いているので、呼吸をしても息苦しくなく、布も通気性がよいので蒸れにくいです。

UVカットマスク涼しい

見た目は若干怪しくなりますが、ツバ広のサンバイザー等で顔を隠せば目立ちません。

自転車走行中や運転中にもおすすめ。(詳細はUV対策まとめ記事をどうぞ☆)

UVクリームはSPF値高めで、できれば近赤外線もカットできるタイプ日焼け止めが頼もしいです。

BAUVプロテクター
近赤外線も防げるPOLAの日焼け止めを購入する際の注意点【B.A プロテクター】

最近どのメーカーでもUVカット商品に力を入れていますが、ほとんどの化粧品は紫外線を防ぐ(A波とB波)役割までのものですね。 もちろん、これまでの感覚なら紫外線だけ防げれば十分、という気持ちでいられたの ...

さらに目と目の周囲は紫外線、ブルーライト、近赤外線をトリプルでカットしてくれる超高性能サングラスを着用すれば、炎天下でも無敵です。

目の横から入り込む陽射しも油断できません。

横からの日差し、上からの日差し、下からの日差し、すべて隙なくブロックしてくれる、こちらのサングラスは重宝しています。

レアグラス
ブルーライト、近赤外線、紫外線カット効果のあるサングラス(メガネ)の実際のカット率一覧と比較

目次1 目と肌を守るブルーライト、近赤外線、紫外線カットサングラス(メガネ)2 近赤外線、ブルーライトが目や肌に与える悪影響3 近赤外線カットサングラス(メガネ)で目と目の周囲の肌を守る3.1 サング ...

強風で日傘をさせない時も、このサングラスがあれば余裕ですね。(横の部分は透明になっているので視界もクリアです)

  • 通気性のある素材のアームカバーを使用する
  • 必ず半袖(またはノースリーブ)とセットで使用する

夏の定番アイテムになりつつある、アームカバー。

こちらは真夏でも使えて重宝しています。

長袖を着用すると脇の部分から熱が逃げずに体感温度が上昇します。熱中症のリスクが高まるので衣服は半袖が基本です。

ロングタイプのアームカバーで、裏側メッシュ素材など、通気性を考慮したアイテムが沢山出ていますね。

半袖+アームカバーで日焼け対策をすればUVクリームも特に不要です。腕の皮膚は厚いですからね。

おまけ:足先

サンダルを履くと足先が露出します。足先の場合、私は逆に日光に当てる部分として積極的に日焼けしています。

紫外線はお肌の蛋白変性や黒化を起し、美容に悪いのは事実です。

しかしビタミンDなど、骨や身体を丈夫に保つのに欠かせない要素を構成してくれる光線でもあります。

あまりに紫外線を避けすぎると、骨がもろくなり、アレルギーにもなりやすく(身体全体が弱くなる)なります。

身体のどの部分でもOKで、一日10分程度の日光浴でビタミンDは合成されます。

足先位は、わんぱくモードで放置してしまいしょう。

まとめ

  • 真夏の紫外線対策は通気性とのバランスが命
  • 部位ごとに2種類以上のUVカットアイテムを組み合わせる
さんじょー
熱中症にならないよう工夫しながら、上手に紫外線をブロックしていきたいですね♪

豆知識

ちなみに室内での熱中症対策+UVカットは、窓用の紫外線カットフィルムと近赤外線カットカーテンを使用すれば完璧です。

紫外線と近赤外線
紫外線よりも肌を老化させる!?【敏感肌向け】押さえておきたい近赤外線対策

目次1 紫外線よりも怖い近赤外線2 近赤外線とは?3 皮膚の薄い人は近赤外線に敏感?4  近赤外線に弱い肌か強い肌か?簡単なチェック法4.1 紫外線は防げても、近赤外線は防げない5 具体的な近赤外線対 ...

室内で長袖を着たり、日焼け止めクリームを塗るのは面倒ですし、お肌にも負担になりますからね。

また、前日の睡眠も翌日の体調に影響しますので、冷房を使用するか、氷枕等で熱を逃がすとグッスリ眠れます。

特に氷枕はとても快適なのでオススメ。(冷房とセットの場合は、冷えすぎ注意です)

UV対策マニアが選ぶ紫外線対策グッズおすすめランキング【絶対に日焼けしたくない人向け】2018年版

【2018年7月更新】 そろそろ本格的に紫外線が強くなる季節!普段から紫外線対策にはかなりこだわっています。 そこで今回は、私の紫外線対策マストアイテムベスト8を発表させて頂きます!(・ω・)ノ 目次 ...

スポンサーリンク




  • この記事を書いた人
さんじょー

さんじょー

敏感肌でアトピー質。薄毛対策中のノマドワーカー。時短でコスパのいい美容法が大好き。

おすすめ記事

保湿クリーム 1

目次1 真冬の乾燥する季節でもしっかり潤う!保湿力に優れたオススメのスキンケア商品2 敏感肌、乾燥肌にオススメの保湿化粧品選びのコツ2.1 グリセリン系は安価だが保湿力は弱い2.2 セラミド系化粧品は ...

タニタの体重計ダイエット 2

食事制限や運動を頑張ってもなかなかやせない、 ダイエットの努力が辛すぎて、一時的に痩せてもすぐにリバンウンドしてしまう・・ 挫折やリバンドを繰り返す度に、新しいダイエット法に手を出し、お金と労力、時間 ...

たるみ対策まとめ 3

  目次1 顔がたるむと影ができ、老けた印象を与える2 実際に見ると若いのに、写真に写ると老けて見える人3 シワの原因は顔のたるみ4  20代後半からは、意識的に表情筋をメンテナンスしたほう ...

4

【2018年7月更新】 そろそろ本格的に紫外線が強くなる季節!普段から紫外線対策にはかなりこだわっています。 そこで今回は、私の紫外線対策マストアイテムベスト8を発表させて頂きます!(・ω・)ノ 目次 ...

-エイジングケア, 紫外線(UV)対策

Copyright© さんじょーのブログ , 2018 All Rights Reserved.