ノマドワーカー。美容に関する話題が中心のブログです。

さんじょーのブログ

エイジングケア

アンチエイジング最大の鍵はミトコンドリアと不老長寿遺伝子

更新日:

ミトコンドリアダイエットなどミトコンドリアを元気にすることがメタボや心筋梗塞などあらゆる病気に効くことは結構知られてるけど、同時にアンチエイジングにもミトコンドリアの活性化が絶対に必要なのがわかっているそうです。

不老長寿

ミトコンドリアを活性化させるメリット 太りにくくなる、老化しにくくなる

ミトコンドリア自体が長寿遺伝子そのもだから、ミトコンドリアの量が減ったり、弱ったりすることによってエネルギー不足に陥り、新陳代謝が悪くなり=老化につながるらしい。

つまり老化=エネルギー不足による新陳代謝の衰え

ミトコンドリアを活性化させる鍵 有酸素運動+小食

 

ミトコンドリアがATPというエネルギー物質を生み出すので、そのエネルギーで脂肪を燃焼させ、代謝を促進する。これが有酸素運動

一方解糖系によるエネルギーの産生は無酸素運動

エネルギーを生み出すには上の二つの方法を体はとるらしいのですが、

無酸素運動がエネルギーを少量短続的に生み出すのに比べて、

有酸素運動はエネルギーを大量長期的に生み出すらしい。

ですので筋トレみたいな無酸素運動よりも、ミトコンドリアを使う有酸素運動をすることがアンチエイジングにはマストらしい。

筋トレのやりすぎやジョギングのしすぎは逆に老けるって知ってたけど、有酸素運動がミトコンドリアを増やして鍛えるなんて知らなかった~( ゚Д゚)

やっぱウォーキングがアンチエイジング的に絶対なんですね~。散歩が趣味でよかった。ちなみにウォーキングは週3回位、各1時間位でも大丈夫らしいです。

ヨガが美容にいい理由

あとインナーマッスルを鍛えるヨガもかなるミトコンドリアを鍛えるのにいいらしい。

ヨガやろうやろうと思いつつ、一回もやったことなかったからこれから絶対やらなきゃ!(; ・`д・´)←面倒くさくて型を覚えたくない。

小食生活で活性酸素が抑えられる

あと、ミトコンドリを鍛えるには腹8分目もやっぱりすごく大事らしい。

エネルギーの源となる食物がミトコンドルアでエネルギーにかえられる量を超してしまうと、アンバランスになり、当然脂肪は増えて太るし、蓄積された食物が活性酸素を生み出す元となって老けるらしい。

あと消化酵素も沢山使うからその点でも老化しますよね。

一日でかなり動いてエネルギー消費するって人はなら沢山食べて大丈夫なんだろうけど。(食べなすぎも逆にマズイ)

そういえば私も中学生位の時は家に帰ってからは一切間食しないでお菓子断ちしてたわ('ω')高校生位ではちょこちょこお菓子食べてたけど(一時期は毎日ポテチ食べてました;)、決して食べ過ぎないように気をつけてた。

あの位の成長期に食べ過ぎたりすると体質として脂肪がつきやすい体になってしまうらしい。肥満の小学生とか増えてるけど、気をつけてあげないと将来大変な思いすることになる。

食事は栄養バンラスが鍵

でも腹八分目っていってもちゃんと栄養バランスのいい食事にしないと、逆にこれまたマイナスになるので、たんぱく質、脂質、炭水化物、ミネラル、ビタミンをバランスよく食べなきゃいけないんですね。

ちなみにたんぱく質では赤みの肉、豆類や魚から摂るのが理想で、油はオリーブオイルかゴマ油。

果物は日本人に不足しがちなのでたっぷり摂ったほうがいいとか。炭水化物も糖をとるにも必要だから少量とるのいいらしい。

一番最悪なのは食事量減らして、甘いお菓子とかしか食べないことですね。

不老長寿遺伝子サーチュイン遺伝子とは

サーチュイン遺伝子という長寿に関係している遺伝子がミトコンドリアの酸化を防いで活性化させるといわれてるそうです。

それにより筋肉や肌、脳体のあらゆる所の老化を防ぎ、シミやシワはもちろん、アルツハイマーなど様々な病気も防げるらしい。まさに不老長寿遺伝子。

カロリー25%カットで不老長寿遺伝子が活性化される?

サーチュイン遺伝子を活性化させるには25%カロリーオフの生活をするのが一番有力で最強の方法らしい。

何故カロリー制限が老化防止に(サーチュイン遺伝子活性化)によいかというと、軽い飢餓状態におかれることにより、少ないエネルギーで生きれるよう体が省エネ化されるから。燃費がよくなるということ。

その分生殖機能を押さえて、生命活動維持に注がれる。そしてカロリー制限をやめると今度はそのエネルギーを生殖機能の方にシフトするらしい。

つまりサーチュイン遺伝子は飢餓状態になった時に、生命活動を維持するため、体を酸化させないように生まれた遺伝子ではないか、といわれいるらしい。

食事制限以外でサーチュイン遺伝子を活性化させる栄養素

それはpレスベラトロールという赤ワインに含まれるプリフェノールの一種。レスベラトロールを摂取するとサーチュイン遺伝子が活性化されるらしい。

サーチュイン遺伝子活性化の方法まとめ

  • カロリー25%オフ生活
  • レスベラトロール摂取

このふたつ。薬でサーチュイン遺伝子を活性化できるよう今開発中らしいですミトコンドリアを酸化から守る遺伝子があるなんて、まさに不老長寿の鍵ですね~(@_@)

 2017年追記:ピセアタンノールもサーチュイン遺伝子活性化させるらしい

今までサーチュイン遺伝子を活性化させる成分はレスベラトロールが有名でしたが、近年パッションフルーツの種子に含まれる、ピセアタンノールにも不老長寿遺伝子を活性化させる働きがあることが報告されています↓

まとめ

栄養学でも基本だけど、その日の活動量に合わせて食事の量を調節して、なるべくウォーキングやヨガなどの有酸素運動を積極的にして新陳代謝を促すのがアンチエイジングの王道ですね~。

まぁそれを実行して続けるのが一番大変なんだけど。。

学生の頃はあんなにストイックだったのに今じゃお菓子食べまくりだし、なるべく運動サボリたいし~って感じだからなぁ。。(;´・ω・)

おかげで2年まえまで体脂肪率14%だったのに今じゃ20%だし(@_@;)

やっぱやるしかないみたい。努力なしに美は維持きませんもんね(*_*)
★ミトコンドリア不老術

★世界のセレブの駆け込み寺!究極のアンチエイジング施設「クリニック・ラ・プレリー」

スポンサーリンク




おすすめ記事

1

【2018年7月更新】 そろそろ本格的に紫外線が強くなる季節!普段から紫外線対策にはかなりこだわっています。 そこで今回は、私の紫外線対策マストアイテムベスト8を発表させて頂きます!(・ω・)ノ これ ...

紫外線と近赤外線 2

紫外線よりも怖い近赤外線 私は3年前位に、紫外線よりも波長が短く、大量に降り注いでいる「近赤外線」の存在を知りました。 近赤外線とは? 0.72~2.5マイクロメートルの波長の短い赤外線 太陽光の内、 ...

窓用UVカットフィルム透明 3

5月~10月の紫外線量は多い。部屋の中でも油断できない 今年もいよいよ紫外線対策に油断できない季節となりますね。 毎年5月~10月位までお肌を光老化から守るため、完全防備で紫外線に挑んでいるのですが、 ...

ツバ帽子ストッパーリボン 4

日差しが強い日でも強風だと日傘は使えない 今年も日差しが強くなり、毎日チェックしているgooの紫外線量予報でも、「紫外線強い 肌へダメージが加わるまでおよそ30分」という表示になる日がでました! いよ ...

-エイジングケア

Copyright© さんじょーのブログ , 2018 All Rights Reserved.