ノマドワーカー。美容に関する話題が中心のブログです。

さんじょーのブログ

メイクアップ

【近赤外線、ディープ紫外線カット】おすすめのサングラス、日焼け止め【光老化から肌を守ろう!】

肌老化の80%の原因を占めると言われる紫外線。

近年では、紫外線のほかにも、近赤外線、ディープ紫外線など、肌にダメージを与える有害光線の存在が指摘されています。

近赤外線は、太陽光に含まれる光線の熱エネルギーの50%位を占めています。

近赤外線の防御機能の弱い皮膚の人が、無防備で日常的に近赤外線を浴びると、

発赤、発汗、水疱、赤ら顔、光老化(特にシワ、たるみ)を引き起こす可能性があります。

近赤外線は使い方によっては、医学的にとてもプラスになる光線だと注目されています。

しかし、その作用が強いため、太陽光の強い近赤外線を無防備に浴びてしまうと、肌に大きなダメージが出てしまいます。

参考文献:近赤外線ケア美肌術~いくら紫外線カットしても美肌にはなれない~【光文社】

真夏は紫外線同様、近赤外線の量も増しますので、

紫外線+近赤外線、両方をブロックしてくれる日焼け止め、サングラス、メガネが必須です。

ディープ紫外線の特徴

UVA波(紫外線)の中でも波長の長いものを言います。

ディープ紫外線という言葉はフジフィルムが命名した言葉で、波長の長い370~400nmのUVAを指します。

近赤外線の特徴

赤外線よりも波長の短い光(760~1400nm)を近赤外線といいます。

近赤外線の肌への影響

紫外線の中でもUVAは窓ガラスを通過し、肌の深部まで一瞬で入り込む性質を持っています。

UVA対策商品のサングラスや化粧品はすでに沢山出ています。

ディープ紫外線と近赤外線は波長が大きく異なる

しかし、より肌の内部に入り込み、瞬時にダメージを与えると言われている近赤外線が防げるのもはまだあまり多くありません。

近赤外線が肌や目にダメージを与えるということは比較的最近わかったことだからです。

UVB波、UVA波、近赤外線が肌へ与えるダメージ

しかし、地上に降り注ぐ光線の50%近くが近赤外線です。

少し位なら・・という割合ではないので、敏感肌の人など、紫外線のダメージが気になる方は対策してみる価値はあると感じます。

紫外線、ブルーライト、近赤外線の3つの波長を大幅にカットしてくれる高機能メガネ


ワームス トリプルブロッカー サングラス レッド

  • 紫外線 99%
  • ブルーライト 45%
  • 近赤外線 53%
  • パソコン時、外出時両方使用できる
  • レンズにうっすらと色がついているが、サングラス程濃い色ではないので普段使いにも使用できる
  • 価格が比較的安い
  • 癖のないデザインでカラーバリエーションが豊富なので選びやすい

購入後2年以上たっていますが、今だにほぼ毎日使用しています。

トリプルカットめがね

秋冬の外出時の紫外線対策にも使えるし、スマホを長時間使用する時にも使っています。

通常のブルーライトをカットするメガネをかけて使用する場合に比べ、目の奥の痛み、重さが軽減されるので効果はあると感じています。

取り外し可能で近赤外線、紫外線、ブルーライトをカットするレンズ

近赤外線を防ぐメガネ、化粧品
公式サイト⇒【みどり安全】

  • 手持ちのメガネの上から装着し、取り外し可能
  • レンズの幅が広いので広範囲をカバーできる
  • 機能性はいいが、見た目が不格好になるので、パソコン使用時など使用する場面は限られる

私は近眼なのでパソコンやテレビを見る時は、度つきメガネが欠かせません。

度つきのメガネの上から気軽につけたり、はずしたりできるこのタイプの近赤外線カットレンズは重宝しています。

こういうタイプを探しまわりましたが、近赤外線もカットできるものはこちらのお店にしかありませんでした。

パソコン使用時、テレビ鑑賞時のみ使用しています。

レンズ装着部分が目立つので、見た目が少し奇妙な感じになります。

外での使用はないですね。

トリプルブロッカーとともに一年中使用しているアイテムです。

近赤外線カットサングラス

レアグラス

公式サイト⇒【レアグラス】

  • 通常のサングラスと変わらないオシャレなデザイン
  • 洗濯物を干す時など、スッピン時でも化粧なしでUVカット、近赤外線カットができる
  • 値段はやや高め
  • メガネの上からでも単体でも使用できる(オーバーサングラス)
  • 横から入り込む紫外線もカットできる

近赤外線は一年中降り注いでおり、時間に関係なく一瞬で肌の深部に到達するので、サングラスでしっかりガードしてあげれば安心です。

デザインもオシャレなので普通のサングラスと同じ感覚で装着できます。

ブランドよりもデザインと機能性重視の方におすすめ。

3万円以上するブランドサングラスでも近赤外線は全く防げません。

近赤外線カットめがねのカット率一覧についても書いています

レアグラス
ブルーライト、近赤外線、紫外線カット効果のあるサングラス(メガネ)の実際のカット率一覧と比較

目と肌を守るブルーライト、近赤外線、紫外線カットサングラス(メガネ) 近赤外線、ブルーライト、紫外線カットサングラス(サングラス)の実際のカット率と効果を比較してみました。 UVカットサングラスやブル ...

続きを見る

近赤外線を防ぐ日焼け止め

今のところポーラが開発した日焼け止めがオススメです。

POLAのB.Aシリーズ

公式サイト⇒【B.Aプロテクター】

通常の化粧品や日焼け止めでは紫外線は防げても、近赤外線は肌深部に通過させてしまいます。

近紫外線をカットできる日焼け止め、化粧品はサングラスや帽子を被れない時、真夏の炎天下の下で長時間過ごす時などに肌を守るために心強いアイテム。

私は普段はリキッドタイプの日焼け止めはあまり塗りませんが、真夏に長時間外出する時はこちらを使用します。

【B.Aプロテクターの全成分】
水、BG、メトキシケイ酸エチルヘキシル、グリセリン、水添ポリイソプテン、オリーブ油、ベヘニアアルコール、ワセリン、硫酸Ba、ペンタステアリン酸ポリグリセルー10、ヒドロキシアルキル(C16-18)、ヒドロキシダイマージリレノイエーテル、水添ナタネ種子油、ビスエチルヘキシルオキシフェノールメトキシフェニルトリアジン、ラウロイルリシン、イガイグリコーゲン、チョウジエキス、シャクヤクエキス、アルニカエキス、ヘチマエキス、レンゲソウエキス、イザヨイバラエキス、ゴレンシ葉エキス、マヨナラ葉エキス、加水分解コンキオリン、クララ根エキス、ヨモギエキス、スギナエキス、加水分解シルク、ステアリン酸、ベヘン酸、オレイン酸ポリグリセル-10、ステアロイル乳酸Na、カルボマー、キサンタンガム、エタノール、水酸化K、ポリアクリル酸Na、トコフェノール、ポリリリシノレイン酸ポルグリセルー5、酸化チタン、ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル、ココグリセリル硫酸Na、水酸AI、ミリスチン酸Mg、酸化亜鉛、フェノキシエタノール、メチルパラベン、プロピルパラベン、香料

まとめ

肌がほてるような感覚を感じる時が、近赤外線を浴びているサインですす。

紫外線と同じように目には見えず痛みも感じないため、つい無防備に浴びてしまいがち。

適度な紫外線を浴びることは身体にとってプラスになりますが、日常的に長時間浴び続けることは肌にとってダメージとなります。

便利なアイテムを使用し「光老化」をしっかりとブロックしていけば、1年後、5年後、10年後のお肌と美しさに大きく差がつきます。

  • この記事を書いた人
さんじょー

さんじょー

敏感肌でアトピー質。薄毛対策中のノマドワーカー。時短でコスパのいい美容法が大好き。

-メイクアップ

Copyright© さんじょーのブログ , 2019 All Rights Reserved.