ノマドワーカー。美容に関する話題が中心のブログです。

さんじょーのブログ

メイクアップ

【近赤外線、ディープ紫外線カット】おすすめのサングラス、日焼け止め【光老化から肌を守ろう!】

肌老化の80%の原因を占めると言われる紫外線。

近年では、紫外線のほかにも、近赤外線、ディープ紫外線など、肌にダメージを与える有害光線の存在が指摘されています。

近赤外線は、太陽光に含まれる光線の熱エネルギーの50%位を占めています。

近赤外線の防御機能の弱い皮膚の人が、無防備で日常的に近赤外線を浴びると、

発赤、発汗、水疱、赤ら顔、光老化(特にシワ、たるみ)を引き起こす可能性があります。

近赤外線は使い方によっては、医学的にとてもプラスになる光線だと注目されています。

しかし、その作用が強いため、太陽光の強い近赤外線を無防備に浴びてしまうと、肌に大きなダメージが出てしまいます。

参考文献:近赤外線ケア美肌術~いくら紫外線カットしても美肌にはなれない~【光文社】

真夏は紫外線同様、近赤外線の量も増しますので、

紫外線+近赤外線、両方をブロックしてくれる日焼け止め、サングラス、メガネが必須です。

ディープ紫外線の特徴

UVA波(紫外線)の中でも波長の長いものを言います。

ディープ紫外線という言葉はフジフィルムが命名した言葉で、波長の長い370~400nmのUVAを指します。

近赤外線の特徴

赤外線よりも波長の短い光(760~1400nm)を近赤外線といいます。

近赤外線の肌への影響

紫外線の中でもUVAは窓ガラスを通過し、肌の深部まで一瞬で入り込む性質を持っています。

UVA対策商品のサングラスや化粧品はすでに沢山出ています。

ディープ紫外線と近赤外線は波長が大きく異なる

しかし、より肌の内部に入り込み、瞬時にダメージを与えると言われている近赤外線が防げるのもはまだあまり多くありません。

近赤外線が肌や目にダメージを与えるということは比較的最近わかったことだからです。

UVB波、UVA波、近赤外線が肌へ与えるダメージ

しかし、地上に降り注ぐ光線の50%近くが近赤外線です。

少し位なら・・という割合ではないので、敏感肌の人など、紫外線のダメージが気になる方は対策してみる価値はあると感じます。

紫外線、ブルーライト、近赤外線の3つの波長を大幅にカットしてくれる高機能メガネ

  • この記事を書いた人
さんじょー

さんじょー

敏感肌でアトピー質。薄毛対策中のノマドワーカー。時短でコスパのいい美容法が大好き。

-メイクアップ

Copyright© さんじょーのブログ , 2019 All Rights Reserved.