ノマドワーカー。美容に関する話題が中心のブログです。

さんじょーのブログ

スキンケア

美魔女の月の美容代は平均7万8千円!節約しながらスペシャル美容ケアもできます!

お金持ちの美容ケアはやっぱりリッチ!?

先日某メディアで紹介されていた美魔女(35歳以上で美しく年齢を重ねた美女のことらしい)の月の平均美容代のアンケートをとった所、なんと

月7万8千円(!)だったそうです。

 

やはりお金持ちが多いのでしょうね。

それか他のことを節約し美容代に一気に投資されているのかもしれません。(それでも多いですね(;´д`))

まぁこれはあくまで一部のデータですので、実際は同じ位綺麗な人でも美容にかけるお金はマチマチだと思います。

ただ美容レーザーやマシーンは月1回で2~5万円はしますので、そう考えると月7万8千円って結構リアルな数字なのかも(´・ω・)

美容代は月に1万~2万円台が理想

私は今のところ、そこまでお金はかけていませんが自分の肌のために最低限のことをしてあげたいって思うと、月1万円~2万円位はほしい所です。

私の場合、自分の収入の範囲で今月は美容のために何をしてあげられるか・・と検討します。

月々の化粧品代節約

でも多くの主婦の方や、共働きをしても自分に仕える月のお小遣いはわずか・・、

という方など、美容に投資できるお金がある程度限られている方も多いと思います。

月2万円あればリッチケアは十分可能!

そいういう人程、賢く美容法を選んでより少ない投資で最大限の恩恵を受ける知恵が役立つのではないかと思います。

私も無駄に高価な美容代は払いません。

これは肌のためになる、綺麗になれる、と思うものだけに絞りお金と労力を投資します。

私の例ですが、月二万円以内で抑えられて、美容ケアも十分できる化粧品選びは以下のような内容です。

月二万円が高いか、安いかは人によると思いますが、知恵を絞ってもこれ位が限界でしたm(__)m

春、夏のスキンケア(予算2万円以内)

  • 保湿美容液⇒約3600円
  • 美白化粧品⇒約13000円
  • ミネラルファンデーション⇒約3500円位

合計で約2万円です。

春、夏は保湿美容液のみつけ、あとは美白化粧品を塗るようにしています。

スキンケアだけでなく、紫外線対策にUVカットファンデーションも必須。

でも、これだけで十分でもあります。

さらにスペシャルホームケアとして、美顔器でのイオン導入&超音波導入もしています(*´ω`*)

ポイントはスキンケアアイテムのライン使いをやめることです。

化粧水、クリームは抜いてしまうのもアリです。

美容液だけでも十分に潤いますし、お肌も整います。

ミネラルファンデーションは石鹸で落とせるので、クレンジング料も使用しません。

 

これだけで合計スキンケア代を節約しながらリッチなケアきます。

ポイント

春、夏は保湿の予算を下げて、美白の予算を上げるのが効率的な化粧品選びのコツです。

秋、冬のスキンケア

  • 保湿美容液 約8000円
  • 保湿用クリーム 約6000円
  • ミネラルファンデーション 約3500円

春、夏と同じです。メーカーはその時により変えます。

合計、約1万7500円

夏場の美白系化粧品がお休みとなるため、コストが大幅に下がります。

ただし、冬場の乾燥は過酷なので、美容液をセラミド系の高保湿ラインにします。

私の場合、美容液だけで乾燥しらずなのですが、物足りない場合は、保湿クリームもプラスするのもいいと思います。

ちょい技

冬場は高保湿ラインの化粧水を保湿ボディーローションがわりに使うこともあります。

非常に伸びがよく、しっとりするのでセラミド系の化粧水はコスパがいいです。

その他のスキンケア代

ちなみにリップクリームはオーガニック系のものを使用しています。

お値段は一本500円位。

リップクリームは緊急時の保湿剤にもなるので、便利です。

リップクリーム保湿
肌の保湿剤がない時はリップクリームかコーヒーフレッシュで代用できる【乾燥肌対策】

リップクリームは緊急時の乾燥肌用保湿剤 洗顔後すぐに保湿剤を塗らないと、お肌が乾燥しバリバリになる・・秋冬になるとお肌の乾燥に悩む方は多いと思います。 普段はお気に入りのクリームや美容液でケアをしてあ ...

続きを見る

あとはシャンプー&リンスですね。

私は超敏感肌なうえに髪が細くて、毛量もないので、シャンプーはけっこういいものを使用させて頂いています。

アミノ酸系+弱酸性シャンプーは乾燥しにくいし、汚れも落ちてサラサラになるのでおすすめ。

敏感肌向けシャンプーナプラ
【敏感肌用】おすすめのシャンプー【アミノ酸系で髪と頭皮に優しい】フケ、かゆみに悩む人向け

私は肌断食を始めた当初、髪の毛を石鹸で洗髪していた時期がありました。 髪がゴワゴワで(弱アルカリ性なので当然ですね・・)石鹸カスは残るし、ブラシは通りにくいわ・・で非常に不快でした。 酸性リンスで中和 ...

続きを見る

ただし、お値段は一本2000円~4000円位してしまいますね(;´д`)

まとめ

美魔女のリッチな美容代から、節約美容代へとセコい方向にいきました(;´д`)

月3万、7万と高額な化粧品代を捻出しなくても、知恵を絞れば効率的にスペシャルケアができる、ということをお伝えしたくて書きました。

男性諸氏へ告ぐ

男性の中には「化粧品に月々2万円もかけるの!?(´-公-`)もったいない」と思われる方もいらっしゃるもしれません。

でも男性も綺麗な女性が増えた方が嬉しいですよね?

パートナーが綺麗で優雅だったら素敵ですよね?

町中で清潔感があり、洗練された女性達を観るのはタダですが、彼女達は自分自身に美容代という投資をかけて努力しています。

美に手間とお金をかけることは女性達自身を癒し、幸せにするだけでなく、男性達の目も癒すことに繋がります。

パートナーや友人の女性達が美容に投資する姿を見た時は、そこら辺を優しく、理解してくださると嬉しいです(。-`ω-)✧

ポイント

  1. ライン使いをやめる
  2. 春、夏は保湿を節約し、美白に投入
  3. 秋、冬は美白を節約し、保湿に投入

が鉄則ですね。

シミができてからでは、ケアが大変になりますから。

  • この記事を書いた人
アバター

nomado67

-スキンケア

Copyright© さんじょーのブログ , 2019 All Rights Reserved.