ノマドワーカー。美容に関する話題が中心のブログです。

さんじょーのブログ

ダイエット

もう痩せられないとは言わせない!【絶対に挫折しないダイエット方法】楽に痩せるための3つのポイント

更新日:

食事制限や運動を頑張ってもなかなかやせない、

ダイエットの努力が辛すぎて、一時的に痩せてもすぐにリバンウンドしてしまう・・

挫折やリバンドを繰り返す度に、新しいダイエット法に手を出し、お金と労力、時間を投資してきたけれど、

今だに求める効果が得られていない・・

 

おそらく、そんな方は沢山いらっしゃるのはないでしょうか。

ダイエット商品やメソッドが増え続ける理由

世の中には数えきれない程のダイエットメソッド、ダイエット関連商品が溢れています。

痩せたくて、努力したけれど、上手くいかなかった、求める理想のプロポーションになれていない、という方が多いのを物語っています。

ダイエット挫折

そして、痩せるには数々のダイエット関連商品を利用しなければ成功できない、それ位痩せることは難しいものなのだ、という思い込み(刷り込み)が根強いのだと思います。

太らない体質だから、ずっとスリムをキープできる

私は今までの人生で一度も太ったことがありません。

16歳位で身長の伸びが止まってから、大きな体重の増減もなく、ずっとベストなプロポーションを保っています。

  • 身長 163センチ
  • 体重43キロ
  • ウエスト58センチ
  • 体脂肪率16~20%

自慢するつもりは全くありません。(痩せているのがいいことだとも思わないので)

ただ、この状態を何の努力も、辛い節制もせずに続けてこれていること自体、もしかしたらすごいことなのでは?

維持できている理由を明確にできれば、実践的なダイエット方法として、ダイエットに悩む方にとっては参考になるのではないか?

役に立つのではないか?

と感じました。

今回は私が実践し、成功し続けている、

「一時的ではなく、ずっと、一生太りにくい体質を作るために抑えておきたいポイント」

について書きたいと思います。

こんな方におすすめ

  • 辛い食事制限や運動のダイエットで挫折した人
  • できる限りダイエットにお金と時間をかけたくない人
  • 一時的ではなく、一生理想のプロポーションを維持したい人
  • 健康的な身体を作りたい人

まず、毎回ダイエットに挫折し、理想のプロポーションを長期間維持できない一番の原因は、辛い努力を続けてしまうからです。

実はダイエットって頑張るものではないんです

痩せている人は何か特別な努力をしているんだ・・とか

自己管理の徹底できる人なんだ・・とか変に神格化しないほうがいいです。

以下の3つの条件を満たしていれば、

誰でも太りにくい体質になれます。

太りにくい体質:3つの特徴

  1. 礎代謝量が多い
  2. 体脂肪率が低い
  3. 筋肉量が多い

これらのデータを調べるにはタニタの体重計など、体重以外のデータもとれる高性能体重計が必要です。

体内年齢と水分量まで出るので、とても重宝しています。

タニタの体重計ダイエット

こういう体重計のデータはアテにならないと言う人がいますが、生活習慣の変化によって全体の基礎代謝量や体脂肪率なども繊細に変わります。

ですので目安としては十分参考になると思います。

私の場合、歩いた日とあまり歩かなかった日では体脂肪率のデータがかなり違います。

 体重の増減は気にしなくていい

多くの方が、ダイエット=目標体重○○キロ!

のように考えますが、体重なんて特に気にしなくていいんです。

体重はその人の骨格や筋肉量、身長で適性バランスが異なります。

ウエストも細ければいいってものではないと思います。

鶏がらのような身体でウエストが細くても、スタイルがいいとは私は一ミリも思えません(;´д`)

それよりも、いかにカロリーを消費し、脂肪を燃やしやすい体質になっているか!が重要なのです。

太らない体質の鍵1 基礎代謝量

その目安として一番重要なのが、基礎代謝量です。

基礎代謝量が多ければ、同じ量を食べてもどんどん燃焼し、脂肪として蓄積されません。

逆に基礎代謝量が少なければどんなに食事制限をしても、脂肪として蓄積されやすくなります。

 

私は何故あれ程食べているのに太らないのか?と考えた時、基礎代謝量が非常に高いということが顕著な理由だと感じます。

ウオーキングした日は、非常に多い(タニタの体重計の表示で)レベルになるのは当たり前ですが、一日家にいてほとんど動いていない日でも、非常に多いレベルの基礎代謝量なのです。

ポイント

燃費がすごいので、沢山食べても太らないのですよね。

太らない体質の鍵2 体脂肪率のバランス

さらに体脂肪率も重要で、体脂肪率は最高でも22%は超えないように気をつけています。

そこを超えると一気に体重の増え方が上がる、と感じたからです。

さらに言うと、体内年齢もグッと上がります。

 どうすれば基礎代謝量と体脂肪率を落とせるのか?

答えはただ1つ。

筋肉量を上げる

それだけです。

太らない体質の鍵3 筋肉量を上げる

具体的には、ウォーキングをしたり、ダンベルや腹筋など軽いウエイトトレーニングを行うのです。

家トレダンベル

トレーニングというと、辛い、大変・・というイメージが沸きますが、週2~3回、20回腹筋、3分位ダンベル程度でOKです。

具体的な方法はこちらの記事で書いています。

ダイエット
ダイエットにお金と努力は不要!楽に、効率的に太りにくい体質(痩せやすい体質)を作る方法まとめ

今回はこれまでのダイエット系記事をまとめながら、私の行っている食べても太らない、痩せやすい体質、生活習慣についてご紹介させて頂きたいと思います。 現在もダイエット効果を維持できています ちなみに私の体 ...

時間にして15分位。

ですので週3日位、一日15分だけ、ウェイトトレーニングをやり、同じように週3回位1時間程度のウォーキングをします。

ウォーキングといっても、競歩のように早歩きしたり、腕をブンブン振って歩く必要はありません。

音楽を聴きながら景色を楽しみながら、ゆる~くリフレッシュする気持ちで歩いています。

それだけで基礎代謝量が大幅に上がるので、重要です。

太りやすい体質の人の特徴

基礎代謝量が低く、体脂肪が22%を常に超えており、筋肉量が少ないのだと思います。

先ほど書いた3条件を意識して改善するだけで、驚く程太りにくい体質になるはずです。

そうなれば、美味しいものを食べたい時に気軽に食べて、人からスリムだと言われます。

しつこく繰り返しますが、

ダイエットって頑張るものじゃないんです。

お金をかけるものでもありません。

 

ポイントさえ意識して、太りにくい条件を自分に加えるだけで、あとは自動的に身体が修正してくれます。

ダイエットには挫折しました

私も過去にまわりに流されて、ダイエットをしたことがあります。

食事制限しなきゃ・・!とおもえば思う程食べたくなり、それがまたストレスで、結局食べてしまう・・という悪循環しか生まれませんでした。

また置き換えダイエット系の食品も正直に言うと、お金の無駄だったと思います。

だって食べても、もともと太らない体質だったんですから。

3条件を満たしているからです。

ストレス食いには要注意!!

食生活について、一つだけ、気を付けていることがあります。

それは、ストレスがたまった時には絶対に食べ物に手を出さない!!

 

これだけは厳しく自分に制限する必要があります。

ストレスがたまっている時に食べもの(甘いものや味付けの濃いもの)を食べる⇒癒される、ストレスが少し和らぐ⇒再びストレスを感じる⇒再び食べる⇒癒される⇒ストレス⇒食べる・・

 

食べること自体が精神安定剤やストレス解消法になってしまい、度を越えた食事量になってしまいます。

しかもストレスは日々、エンドレスに沸いては消える・・の繰り返しですから、食べることで癒されようとすると、暴飲暴食になるのは避けられません。

ポイント

  • 食べものは、美味しく感謝しながら頂ける時だけ口にする
  • 味わえないような時は、むしろ食べない

その位、食べる時のコンディションは意識したほうがいいと思います。

美味しいものを頂いて幸せ♪

なのか

幸せになりたくて(辛い気持ちを消したくて)食べる

のか、食べる前に一言だけ、自分に問いかけてみてくださいね☆

私の場合

ちなみに私は嫌いな人、苦手な人と一緒の食事では最小限の量しか食べないことが多いです。

好きな人と一緒の時は沢山いただきます。

食べる時に、幸せなのか?味わえるのか?が一番重要だからです。

あまりこだわらず好きなものを頂いていいと思います。

ストレス食いに気を付けて、あとは高機能体重計だけ買って、太りにくい体質3条件を目指し、改善を繰り返していくだけで十分効果的です。

まとめ

当たり前の話で、つまらない結論になりますが、

 

運動、食事、睡眠、代謝、適度な筋トレ!!

 

以上のことだけがスリムで健康的なプロポーションを、永遠に保つために重要です!!

さんじょー
余計な苦労をしなくて大丈夫です☆

スポンサーリンク




おすすめ記事

保湿クリーム 1

真冬の乾燥する季節でもしっかり潤う!保湿力に優れたオススメのスキンケア商品 毎年1月~3月頃まで、空気が乾燥し、乾燥肌による、赤み、粉吹き、湿疹に悩まされてきました。 普段はミネラルファンデーションの ...

タニタの体重計ダイエット 2

食事制限や運動を頑張ってもなかなかやせない、 ダイエットの努力が辛すぎて、一時的に痩せてもすぐにリバンウンドしてしまう・・ 挫折やリバンドを繰り返す度に、新しいダイエット法に手を出し、お金と労力、時間 ...

たるみ対策まとめ 3

  顔がたるむと影ができ、老けた印象を与える 「最近顔が老けたな」 「でもあの人は同年代なのにすごく若く見える・・この違いは何だろう?」 と疑問に思ったことはありませんか? 人の顔が老けて見 ...

4

【2018年7月更新】 そろそろ本格的に紫外線が強くなる季節!普段から紫外線対策にはかなりこだわっています。 そこで今回は、私の紫外線対策マストアイテムベスト8を発表させて頂きます!(・ω・)ノ これ ...

-ダイエット

Copyright© さんじょーのブログ , 2018 All Rights Reserved.