ノマドワーカー。美容に関する話題が中心のブログです。

さんじょーのブログ

ガジェット系 紫外線(UV)対策

近赤外線もカットできるPCメガネ購入しました♪

更新日:

毎日のように目を酷使している現代人

パソコンやスマホの長時間使用で、毎日のように目を酷使しているため常に目が充血している私。

パソコンやスマホは紙の本と違い、の奥までグーッと重くなるような疲れが出ますよね。

ひどい時は頭痛と吐き気が止まらなくて吐いたこともあります

ブルーライトだけカットしてもダメ?

最近ではブルーライトが目の網膜まで傷つける・・と言われていてブルーライトカットのメガネを愛用している人は多いですね。

実はブルーライト以外にも

近赤外線が目と肌にかなりのダメージを与える

ということを知りました。

近赤外線が目に与える影響

近赤外線は日中陽が照っているところでは必ず降り注いでいて、その量が紫外線とは比べ物にならない程多いとか。

ブルーライトよりもさらに目の奥のほうまで光が浸透し、網膜炎症を引き起こす可能性がるとか(゚ω゚ノ)ノ

サングラスをしていても、目の不調を訴える人が減らないのは、近赤外線をカットできていなかったから、という説もあるそうですね。

さらにお肌へのダメージも油断ならないもので、筋肉組織を破壊し、シミやたるみを引き起こす、とか。

今まで紫外線だけに注目していたけど、もっと警戒すべきものがあったんですねー。

近赤外線カットメガネを購入した

というわけで、私は早速、近赤外線カット機能のついたメガネを購入しました。

このメガネは、近赤外線、ブルーライト、紫外線、とトリプルでブロックしてくれるそうです。

色々探した結果、こちらのメガネがお値段的にも機能的にもよさそうだったので決めました。

近赤外線メガネ

3000円以下だから、普通にブルーライトと紫外線カット対応のみのメガネよりも安い。

近赤外線、ブルーライト、紫外線カットメガネの感想

スマホ使用時に使ってますが、目の奥の痛みとういか、重みが随分減った気がします。

メガネを使用していなかった頃は、1時間でもう目が痛くなってきたけど、このメガネをしてからは、2時間使用しても、目の奥の痛みを感じませんでした。

ただその分油断してつい長時間やりすぎてしまいます

なのでこれはかなりいいのでは・・?と思ってます(´д`)

購入したのはレッドです。

トリプルカットめがね

若干視界が黄色っぽくなるけど、フレームが横長で余裕があるので見やすい。

3900円した某有名ショップで買ったブルーライトカットメガネよりも高級感あるし、視界もクリアでした。

外出時にも使用しています

先日は自転車で買い物へ言った際、サングラス代わりに装着していきました。

近赤外線って外でも大量に降り注いでるから、したほうがいいんだろうな、と思って。

ただこのメガネは近赤外線カット率53%だから、完璧にブロックできるわけではないよう。

でも全くないものよりは、はるかに安心ですよね。

しかし、紫外線、近赤外線・・と普通に生活しているだけで肌や目にダメージ与えるもの多いですねー(´д`;)

今は若い人もパソコンやスマホで目を酷使しがちだから、目の老化が早くなりやすいのだそう。

確かに目が充血してる人、よく見かけます・・。

私も白眼が黄色っぽくなってきたし、目がスッキリっていう日がないんですよね。

常にパソコンやらスマホを操作してるから。

うーん(´-`)

こういう小道具で出来る限り老化を進行させないようにしつつも、数日間お休みをとって、パソコンやスマホと向き合わない日をとることも重要なんだろうなぁ。

目は大事ですからねー。

美容マシーンにも近赤外線は使われている

ところで美肌治療の美容マシーンでも近赤外線は使わています。(タイタン)

こちらは浸透性の強い近赤外線で、肌に一時的なやけどのようなショックを与えます。

皮膚の治癒力を利用してお肌のコラーゲン増加を促す、筋肉を緩めたり収縮させることで引き締める効果を出す・・などと言われていますよね。

美容マシーンってもっと穏やかなものなのかと思ってたけど、仕組みを聞くと、結構な荒療治だな~って思いました。

しかも高い(-_-;)

サーマクールはあと数年したらもっと安くなりそうですね。

フォトやポラリスなら化粧品を数本買う感覚で受けられる所も増えているので、今後試してみようと思います。

この記事は2013年11月14日に書かれた記事です。

この時買ったこのメガネ、今でも頻繁に使用しています。

秋冬の紫外線対策にもなるし、スマホを長時間見る時にもかけてます。

近赤外線を防ぐメガネ、化粧品
近赤外線、ディープ紫外線をカットするオススメめがね、化粧品

目次1 ディープ紫外線とは?2 近赤外線とは?3 ディープ紫外線と近赤外線は波長が大きく異なる4 近赤外線をカットしてくれるサングラス、メガネ5 紫外線、ブルーライト、近赤外線の3つの波長を大幅にカッ ...

続きを見る

スポンサーリンク




  • この記事を書いた人

nomado67

おすすめ記事

保湿クリーム 1

目次1 真冬の乾燥する季節でもしっかり潤う!保湿力に優れたオススメのスキンケア商品2 敏感肌、乾燥肌にオススメの保湿化粧品選びのコツ2.1 グリセリン系は安価だが保湿力は弱い2.2 セラミド系化粧品は ...

タニタの体重計ダイエット 2

食事制限や運動を頑張ってもなかなかやせない、 ダイエットの努力が辛すぎて、一時的に痩せてもすぐにリバンウンドしてしまう・・ 挫折やリバンドを繰り返す度に、新しいダイエット法に手を出し、お金と労力、時間 ...

たるみ対策まとめ 3

  目次1 顔がたるむと影ができ、老けた印象を与える2 実際に見ると若いのに、写真に写ると老けて見える人3 シワの原因は顔のたるみ4  20代後半からは、意識的に表情筋をメンテナンスしたほう ...

4

【2018年7月更新】 そろそろ本格的に紫外線が強くなる季節!普段から紫外線対策にはかなりこだわっています。 そこで今回は、私の紫外線対策マストアイテムベスト8を発表させて頂きます!(・ω・)ノ 目次 ...

-ガジェット系, 紫外線(UV)対策

Copyright© さんじょーのブログ , 2018 All Rights Reserved.